ごめん愛してる出演の坂口健太郎が出演している映画のおすすめは?

待望のドラマスタート

2004年韓国KBSドラマ『미안하다, 사랑한다(邦題「ごめん、愛してる」)』をリメイクしたドラマが、ジャニーズ事務所TOKYOの長瀬智也さん主演で、この夏TBS日曜劇場からスタートしました。

第1話は、韓国でのストーリー展開がメインでしたね。

長瀬さんの韓国語も素敵でした。

ところどころ、少々タドタドしい韓国語発音にも感じましたが(笑)。

(個人的には、「韓国語と言えば!?」とまず想像され、そして、長瀬智也さんと同じジャニーズ事務所でもある元SMAPの草薙剛さんにも「友情出演」や「特別出演」などで出演していただきたかったです。)

 

スポンサーリンク

 

天才ピアニスト役

みなさんも驚ろかれたのかもしれませんが天才ピアニスト「日向 サトル (ひゅうが さとる)」役で出演していた坂口健太郎さんのピアノの腕前!

 

坂口健太郎さんは、番宣として出演された番組で

「保育園に通っている時に2年間だけ習っていた。」

「(今回、この役のために)1ヵ月間、猛特訓した。」

と言われていたと思います。

 

お見事でした~~!!

さすが、俳優さん、違いますね。

 

韓国のドラマファンの方も、坂口健太郎さんが実際にピアノを演奏されているシーンを観られたら、心奪われるのかもしれませんね。

韓国でもファンの方が増えそうな予感が・・・!

 

 

坂口健太郎さんが出演された映画

1991年7月生まれの現在26歳の坂口健太郎さんが出演された映画は、下記のようになります!

 

多くの作品に出演されていますね。

     ■  『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』 (2014年) – 瞬 役

  ■ 『娚の一生』 (2015年) – 信夫 役

 ■  『予告犯』 (2015年) – 市川学 役

 ■ 『海街diary』 (2015年) – 藤井朋章 役

 ■ 『at Home アットホーム』 (2015年) – 森山淳 役

 ■ 『ヒロイン失格』 (2015年) – 弘光廣祐 役

 ■ 『俺物語!!』 (2015年) – 主演・砂川誠 役

 ■ 『残穢 – 住んではいけない部屋』 (2016年) – 三澤徹夫 役

残穢、今日から。 しっとり、 じっとり、 見ても聞いても、 家に帰ってからも。

kentaro sakaguchiさん(@sakaguchikentaro)がシェアした投稿 –

 ■ 『64 -ロクヨン- 前編 / 後編』 (2016年) – 手嶋 役

    ■ 『高台家の人々』 (2016年) – 岸本浩平 役

 ■ 『オケ老人!』 (2016年) – 坂下 役

 ■ 『君と100回目の恋』 (2017年) – 主演・長谷川陸 役

 ■『君と100回目の恋』 (2017年2月) – 主演・長谷川陸 役

 

 

「坂口健太郎さんが出演している映画でおすすめは?」

「坂口健太郎さんが出演している映画でおすすめは?」と尋ねられたものの、坂口健太郎さんが出演されている映画を1本も観たことがなかったようなので、せっかくの機会だったので(?)坂口健太郎さんが出演されている映画を4本ほどレンタルし観てみることにしました(笑)。

 

というのが、
日曜劇場『ごめん、愛してる』の番宣のために出演された『桜井・有吉 THE 夜会』などで話されている坂口健太郎さんがとても自然体で魅力的な方だな~と思ったので(笑)。

 

2017年1月から日本テレビ系列で放送していた ドラマ『東京タラレバ娘』の「演」ようなあの無機質な雰囲気とは全く違い~。

 

と、書いていて思い出しました!

『高台家の人々』、観たことありました。

 

因みに、

坂口健太郎さんは、こちらYOUTUBEのVTRの[1:16]頃に出られています。

 

 

 

『高台家の人々』 (2016年)

綾瀬はるかさん、斎藤工さん、大地真央さん、市村正親さんなど豪華なキャストが出演されている『高台家の人々』。 

 

こちらの映画に坂口健太郎さんは、水原希子演じる「『高台茂子』の友人 岸本浩平」役で出演されていましたのを思い出しました(笑)。

 

この映画自体は出演者もかなり華やかな方々で、ストーリーもなかなか面白いのですが、「坂口健太郎さんの役がいいよ~!!」という映画ではないような気がします・・・??

 

 

 

『ヒロイン失格』 (2015年)

ヒロイン「松崎 はとり」(キャスト:桐島美鈴さん)、ヒロイン「松崎 はとり」の幼馴染みの「寺坂 利太」(キャスト:山崎賢人さん)、学校一のモテ男「弘光 廣祐」を坂口健太郎さんが演じられていました。

 

「私好きな人か。」
「私好きな人か。」
の「私好きな人」が坂口健太郎さんの役柄です。

 

ストーリーは、「うーむ・・・」って感じですが、メインキャストのお三人が美男美女なので、観賞用VTRとして観るには目の保養になるかと。(失礼、すみません。)

 

この役での坂口健太郎さんは、高校生の役なのですが、制服から始まり、どの私服もモデルバリのファッションなので素敵です。

 

白い浴衣に佇む男前 坂口健太郎さんも観ることができますよ

 

また、映画の中で、坂口健太郎さんは何度か種類の違う帽子をかぶられています

 

ファンの方にはたまらないのではないでしょうか?

 

遅くなりましたが、 今日からなんと、ヒロイン失格。

kentaro sakaguchiさん(@sakaguchikentaro)がシェアした投稿 –

 

 

『俺物語!!』 (2015年)

「剛田猛男」(キャスト:鈴木亮平さん)のイケメンの親友「砂川誠」役を坂口健太郎さんが演じています。

 

こちらの映画の設定も高校生です。

 

アニメーションの『俺物語!!』は、何度か観たことがあり好きなストーリーだったのですが、実写化された映画としてはいまいちでした、勿論個人の感想です<(_ _*)> (やはり実写化は難しいですよね・・・)

 

でも!
どなたも物語のキャラクターを忠実に演じられていると思いました。

 

坂口健太郎さんは、「イケメンの親友『砂川誠』 」のイメージにピッタリだと思いました

 

そうです、今日からです。 「俺物語︎」 劇場で☻

kentaro sakaguchiさん(@sakaguchikentaro)がシェアした投稿 –

 

 

 

『at Home アットホーム』 (2015年)

竹野内豊さんが主演の『at Home アットホーム』 (2015年)。

この映画で坂口健太郎さんは、この「家族」の「長男」の「森山 淳」として、出演されています。

少しヘビーなストーリーで、胸が苦しくなるシーンも多くあります。

 

と、同時に「素敵な家族・・・」と思えるような、人間としての強い結びつきが美しく描かれているように感じました。

 

それは、「お父さん」が竹ノ内豊さんであり、「お母さん」が松雪泰子さんであり、「長男」が坂口健太郎さんという美男美女という視覚的効果も高いとは思いますが(笑)。

 

 

で!?
坂口健太郎さんは、どうだったのか!?

「あ、この人、俳優さんだ。」と思いました。

 

勿論、坂口健太郎さんの職業は「俳優」だと思いますが(笑)、(若干のぎこちなさを残しながらも)喜怒哀楽を上手に表現され「わ~将来が楽しみな俳優さんだ。竹ノ内豊さんみたいな俳優さんになられるのかな・・?!」と期待してしまいました。

 

でも、やっぱりあのかわいらしい笑顔はついつい吸い込まれてしまいます。

 

特に、最初の方のベランダのシーンで、「お母さん」(キャスト:松雪泰子さん)の白髪染めをするシーンなどは、不器用な手つきですが「かわいいな~」と率直に思ってしまいました(笑)。

 

また、冷蔵庫からお茶の入れ物を手にし飲むシーンですが、
コップに入れずお茶が入った入れ物にも口を付けずに飲むシーンは「実生活ではしないだろうな(笑)。」と、つい思ってしまいました。

 

 

 

 

『君と100回目の恋』(2017年)

坂口健太郎さんとシンガーソングライターのmiwaさんが主役をつとめた『君と100回目の恋』(2017年2月)。

その他出演者は、竜星涼さん、真野恵里菜さん、泉澤祐希さん、田辺誠一さんが出られている、瀬戸内の穏やかな海、山、島、空の自然が美しい映画です。

 

物語は、
坂口健太郎さんの役柄は、「時間を戻す能力を持つ幼なじみの(長谷川)陸」を演じられました。

 

ヒロインのmiwaさんは、顔も声もかわいらしいのですが、表情などの演技がぎこちなく、そればかりが終始気になってしまいました。(ファンの方、ごめんなさい)

 

でも、「声の演技」は、逆に何だか心地よく感じました。

アニメーションなどの「声優」を英語だと「voice actor(ress)」と言うらしいのですが、声の演技としての魅力を感じました。

ぜひ、ディズニーやジブリの映画で、「voice actor(ress)」をしていただきたいです!!

(もし、女優業をつとめられるのなら、ミュージカルなどの舞台が向いていると思いました。)

 

こちらの映画『君と100回目の恋』は、

坂口健太郎さんの演技を観たくてレンタルしたので、坂口健太郎さんの出演シーンにフォーカスしてみたいと思います(笑)。

 

坂口健太郎さんの演技は、泣くシーンも、ギターを弾くシーンも、図書館で調べものをしているシーンも、優しく女性を見つめる目も表情も良かったです

 

この映画『君と100回目の恋』では、坂口健太郎さんのギターシーンを観ることができますし、歌声も聴くことができます。

坂口健太郎さんのソロの場面や、miwaさんのドゥエットの部分は、とても心に響く歌声です

 

また、大学内の建物、特に映画『ハリーポッター』に出てくるような高さのある図書館の本棚は非常に印象的で、そこでのmiwaさんと坂口健太郎さんのキスシーンはとても綺麗です。

 

とにかく、映画自体の映像がどこも素敵に見え綺麗です。

 

恐らく「魔術師のカメラさん」が存在していたのではないでしょうか(笑)?

 

miwaさんの演技は残念でしたが、歌声は、この映画には必須だったと思います。

映画に非常にマッチしていると感じました。

 

 

最後の方のシーンに、坂口健太郎さんがエプロンをつけて、カフェのお手伝いをするシーンが出てきます。

 

「おじさん」の田辺誠一さんであろうと「陸」の坂口健太郎さんだろうが、どちらがお店にいても、行きたくなるカフェですよね(笑)。

 

 

 

結局、お勧めの映画は?

坂口健太郎出演の映画を5本しか観たことがないのですが・・・、「坂口健太郎さん出演の映画作品のおすすめ」は・・・・?

 

強いて言うなら・・・・

*坂口健太郎さんのビジュアルを楽しみたいのなら、

 『ヒロイン失格』 (2015年) – 弘光廣祐 役。

 

*坂口健太郎さんの成長している演技力を堪能したいのなら、

 『at Home アットホーム』 (2015年)。

 

美しい自然の景色と、その景色に自然に溶け込む坂口健太郎さんを観たいのなら、

 『君と100回目の恋』(2017年)。

 

・・・でしょうか。。。

 

坂口健太郎さんは、まだまだ演技に成長幅もあり、そして既に魅力的な俳優さんだと思います。

 

(すみません、私が観た5本以外で既にもう出会わされているのかもしれませんが・・・。)

もっともっと演技の勉強をして、

そして、「あの作品は、彼の代名詞になったね。」という作品に出会ってもらいたいです。

 

 

 

余談ですが・・「ひざ枕シーン」

まだTBS日曜劇場『ごめん愛してる』の第1話しか観ていないのですが、天才ピアニスト「日向 サトル (ひゅうが さとる)」役の坂口健太郎さんは、オリジナル版『미안하다, 사랑한다(邦題「ごめん、愛してる」)』のイメージに合っているな、と思いました。

 

でも、日本版では「母親(キャスト:大竹しのぶさん)にひざ枕をしてもらう」シーンはないですよね(笑)?

 

あったら、明石家さんまさんが、ネタに使いそうですよね~~(笑)、坂口健太郎さんに大竹しのぶさんとのひざ枕シーンを演じてもらいたいです(笑)。