夏ドラマもどんどん始まりまして毎日が非常に楽しみです。

中でも今から心待ちにしているのが窪田正孝が主演で放送予定の「僕たちがやりました」です。

マンガも非常にハラハラドキドキが連続の逃亡劇でページをめくる手が止められなくなりました。

過激なシーンもあるので実写ドラマだとどのような演出になるのか今から不安でもあり楽しみにもしています。

そんな話題作にもバンバン出演している窪田正孝ですが

いままでどのような作品に出演してきたのか、

デビューではどのような作品に出ていたのか気になったので調べてみました。

 

【窪田正孝の主演デビューは?】

 


窪田正孝の主演デビュー作品はフジテレビ系列『青春★ENERGY』で

2006年4月に放送された「チェケラッチョ!! in TOKYO」です。

元々は市原隼人主演の映画「チェケラッチョ!!」の続編として製作されたものです。

こちらのドラマも青春ストーリで映画と同じくラップを通し

「いま一番できるものは何なのか」を掴んで行く姿を描いていきます。

オリジナルのラップを作中で楽しめる点も注目です。

 

【チェケラッチョ!! in TOKYOではどんな役?】

2006年に放送されたドラマですので当時18歳くらいでしょうか?

今でも中性的な顔や雰囲気が人気の窪田正孝ですが

この頃は更に幼さがその中性さに拍車をかけています。

非常に可愛いですよね。もうメロメロです。

そんな可愛い窪田正孝くんが演じたのは青葉拓実という中学時代はプロのDJを目指していた子の役です。

しかしこの子も含めメインで登場する放送部の高校生たちは全員やる気のない子たちばかり。

最初はモテるためにラップを始めた彼らですが最期にはある目的のために

放送部達は一致団結して頑張るのですが・・・。

 

【初めて尽くしのチェケラッチョ】

 

 

窪田正孝が初めて受かったオーディションがこのチェケラッチョ!! in TOKYOでした。

そして初めてのドラマ出演もこの作品でした。

オーディションではこれで落ちても仕方がないと思えるほどの力の入れようだったそうです。

実際に撮影がはじまってからも役作りの上で

「ノーマルな感じで」との要望がありそのことに悩んだようです。

特徴的なものがあったほうが役も掴みやすく普通って一番掴みどころがなくて難しいと感じたのでしょう。

後に狂気的な役もバンバンこなすようになるなんてこの頃は思ってもいなかったかもしれませんね。

 

可愛い窪田正孝が拝め、作中ではオリジナルのラップも楽しめる・・・

最近窪田正孝のファンになった人は新たな窪田正孝の一面を発見できるかもしれませんね。

 

僕やりでも「DISH//と凡下高がやりました」としてコラボで歌っていますね。

夏ドラマも楽しみつつ過去作品を見直してみるのも楽しいかもしれませんね!