【コードブルー3出演の山ピー(山下智久)、画像で筋肉は見】

17日に放送がスタートした「コードブルー3」。

主演を務める山ピーこと山下智久さんの筋肉を皆さん見ましたか?手術着を着替えるときにちらりと見ることが出来ましたね!

もともと筋肉がすごいと噂あれていますが、画像で拝見することが出来るのか。調べてみようと思います。

スポンサーリンク

 

第一話で見せた筋肉が素晴らしすぎる!

先日スタートしたコードブルーで、早速山ピーの筋肉を身見ることが出来ましたね!


ちらりと見えた胸筋ときゅっと引き締まったくびれ。ため息が出ちゃいますね。


前作ではここまで大胆に筋肉を披露していた記憶がありません。

突然の筋肉の披露に視聴者からも驚きの声が上がっています。

Twitterでも盛り上がっていました。横から映された時の胸筋がすごかったですね。

そんな山ピーの筋肉の歴史を画像と一緒にさかのぼってみようと思います。

 

 

山ピーの筋肉の歴史

山ピーの筋肉はいつごろからこんな素敵な物になっていったのでしょうか。

昔ジャニーズに入りたてのことは今の体からは想像もできないくらいガリガリでした。

筋トレを開始したのは20歳ごろから、筋トレ内容は主にボクシング、サーフィン、腹筋だったそうです。

もともとダンスレッスンなどで運動をしてきていましたが、20歳の時にボクシングとサーフィンにはまっていたので、徐々に筋肉がつき始めたそうです。

そのころから華奢だった山ピーの体も少しずつ変化し始め、今の肉体美が出来上がっていきました。


また、2011年には映画「あしたのジョー」で矢吹丈をつと得るにあたり、62㎏あった体重を53㎏まで搾り上げたそうです。


その後も着々と筋肉をつけていき、今の肉体美につながっているのですね。

男性からも山ピーの筋肉は憧れのようなので、どのように筋トレを行えば山ピーに近づけるかも紹介しますね。

 

 

山ピーみたいな肉体になるためには

山ピーみたいな筋肉まで行かなくても、程よく筋肉をつけたい方や、ダイエットの参考にしたい方にもできる、山ピー流の筋トレを少し紹介しようと思います。

山ピーみたいな筋肉になるための筋トレメニューは、主に3つあります。

自重筋トレ・ベンチプレス・プロテインの3つです。

この中でも自重筋トレが主に行われていたそうです。

山ピーは腹筋、背筋を各100回ずつ30分間行うそうです。

これにプラス腕立て伏せは週に2回60回こなし、腹筋は1日に100回以上行うそうです。

さすがにはじめからこの回数は厳しいので、回数を少なくし、無理のない程度に徐々にやっていくのがいいと思います。

 

 

まとめ

いかがでしたか?初回から素敵な筋肉を披露してくれた山ピー。

過去にも肉体美を披露していましたね。そんな肉体を私たち一般人にも手に入れることが出来るかもしれないので、山ピー流の筋トレにぜひチャレンジしてみてください。