過保護のカホコ3話、麦野君(竹内涼真)とのキスシーンはあった!?

過保護のカホコ第3話が7月26日の放送されましたね。

ストーリーが進むにつれて、どんどんお母さんから独立していくカホコ。

その主なきっかけとなっているのが、麦野君に魅かれているカホコの恋愛感情でした。

しかし、麦野君が画家のタマゴであることに対して拒絶反応を見せるカホコの母、泉。

第3話ではそんな泉とカホコの衝突、としてカホコと麦野君の関係の発展が描かれていました。

キスシーンはあったのか!?など、気になっている人もいるようですので、その点も含めて書いていきます!

スポンサーリンク

 

過保護のカホコ第3話、カホコとお母さんが激突!

母の言うことは絶対で、今まで一度も母に逆らうことがなかったカホコ。

お母さんはお母さんで、カホコを思い通りにできるのが自分の生きがいというか、アイデンティティとしてとらえているところがありました。

そのお母さんが、カホコが麦野君に惹かれていることを大批判、画家のタマゴはろくでもない!と、麦野君に対して悪口を言います。

それに対して、なんとカホコが大反発!

「カホコの事を言うのはいいけど、麦野君のことを言うのは許せない!」

「うるさいうるさいうるさいだまれだまれだまれ!」

そう連呼してカホコは家を飛び出してしまいます。

余談ですが、起こったカホコ可愛すぎでした。

活舌の悪い早口が可愛すぎます。

高畑充希さんは天才でしょうかね(^^

 

カホコが麦野君に告白!キスシーンは?

お母さんとの口論から家を飛び出したカホコは、その足で麦野君のアトリエへ!

麦野君に、好きな人のことをバカにされてお母さんに怒鳴りつけてしまったことを相談します。

それに対して麦野君、「だったら、その片思いの奴にこの勢いで告白をしてしまえ!」なんていうもんだから、

カホコもそれにつられてその場で「好きです!」と麦野君に告白をしてしまいました。

放送開始55分くらいの時点です。

3話で麦野君とカホコがキスをするならこのシーンしかありませんでしたが、

麦野君のリアクションは

「は?」

とうろたえるだけ。

カホコもいきおいで行ってしまったので、そのあとに自分もうろたえ、そのままアトリエからも走り出してしまいます。

そのあともしばらく動揺している麦野君。

カホコの事をなんとも思っていなかったら、言われた瞬間に「ごめんなさい」となっていもいいようなものですが、

そうならなかったということはまんざらでもないのでしょうか!?

残念ながら、カホコと麦野君のキスシーンはお預けに(今後あるかもわかりませんが。)なってしまいました。

カホコと麦野君のキスシーンはあるのか、今後も目が離せませんね。

 

4話予告では麦野×カホコの進展に暗雲

4話の予告では、麦野君がはっきりとカホコの告白に対してごめんなさいするシーンが出てきます。

カホコ、フラれてしまうんですね。

まあ、流れから行けば当然といえば当然で、むしろこれから!ですよね。

今後2人の関係性はどのように変化し、最終的にキスシーンにたどり着くのか!?

今後の展開は本当に楽しみですね。

それにしても、過保護のカホコ、家族の感情の細かい描写がリアルすぎて楽しいです。

こちら4話の予告動画です♪

3話を見逃してしまった!という方はこちらの記事をチェックしてみてください。

【過保護のカホコ】動画3話(7月26日)見逃し対策!パンドラはNG!