愛あるの西浦果凛役は誰??過去の出演作品は?

スポンサーリンク

―西浦果凛について(第3話までネタバレ注意)―

『愛してたって、秘密はある。』で黎に想いを寄せている行動をしている一人が、恋人の立花爽(川口春奈さん)他にも存在しています。

西浦果凛。

西浦果凛は、奥森黎(福士蒼汰さん)に以前家庭教師をしてもらっていたことが、第1話の会話の中でわかります。

また、家庭教師をして欲しいと、果凛が黎にお願いするも、修習中は修習義務があるため、他のバイトなどができないことを理由に、黎は家庭教師を断ります。

果凛は黎が自分の思い通りにならないことが気に食わない様子で、第1話は終わっています。

しかし、第2話・第3話まで放送され、果凛のエスカレートしている行動がすごく目に止まります。

まず、爽と虎太郎(白洲迅さん)が飲みに行っているバーに現れます。

次に、黎の母(鈴木保奈美さん)が働いている病院にも姿を現したようなシーンもありました。

他にも、黎と爽がカフェで結婚式の招待客の話をしているときにも、後ろの席に座って話を聞いているようでした。

執拗以上に黎の周辺を調べている雰囲気で、黎に嫌がらせのメールなどを送っている犯人の候補ではないかとも考えられます。

 

―西浦果凛は誰が演じている?―

そんな西浦果凛役をしているのは女優の吉川愛さんです。

1999年10月28日生まれのB型です。

実は3歳で芸能界入り、5歳の時にコカ・コーラの爽健美茶のCMでデビューしています。

当時は「吉田里琴(よしだりこ)」という名前で活動していました。

2016年4月1日に学業に専念することを理由に、芸能界の引退を発表していました。

学業に専念し、パンの店でアルバイトするなどして、日々を送っていた吉田里琴さんですが、ある日今所属する事務所・研音のスタッフにスカウトされます。

研音のスタッフさんも、吉田里琴であることを知らずにスカウトしたこともきっかけで、今の女優業に復帰したそうです。

 

―吉川愛さんの他の出演作品―

吉田里琴時代に出演した作品は『あまちゃん』高幡アリサ役、『メイちゃんの執事』麻々原みるく役、『海の上の診療所』白井美和役などたくさんあります。

今回の吉川愛さんに名前を変更してからのドラマ出演は、この『愛してたって、秘密はある』が初めてとなります。

芸能界復帰の最初の演技が、主人公に想いを寄せ、黎の前では可愛い高校生を演じる一方で、黎が見ていないところでは、いかに黎に振り向いてもらうかを考えて行動している役を演じています。

難しい役を演じているのに、ブランクを感じさせないところが、やはり3歳から芸能界で活動しているプロ意識だと私は思います。

第4話からの吉川愛さんの演技も気になるところですね。

 

愛ある3話を見逃してしまった方はこちらをどうぞ!

【愛ある】動画3話(7月30日)見逃し対策!パンドラはNG!