脳スマ5話、柳子の悪口がヒドイ!なんて言っていた?

脳スマ5話、柳子の折茂に対する暴言というか、悪口が酷かったですね!

放送禁止な感じで消されていましたが、いったい何といっていたのか、ちょっと考えてみます。(笑)

スポンサーリンク

脳スマ5話、柳子の悪口がヒドイ!なんて言っていた?

5話では冒頭から折茂と柳子が口喧嘩をしていますが、折茂が思わず

「柳子さん、口悪すぎです。」

といってしまうくらい、口が悪かったですね。

「ケツの穴が小さい男」

「極小ね!」(笑)

ここまでは普通に聞くことができました。

そして問題はそのあとです。

脳スマ5話、柳子の悪口がヒドイ!なんて言っていた?

はい、お尻の穴の話のあとですが、ここから「チーン」という音で柳子の声かかき消されるようになります。

なんといっていたのか推理してみます。

まず、チーンが入る場面での柳子の発言ですが、

「どうせ〇〇も…」

と始まります。

〇〇にはチーン!が重なるわけですが、

お尻の穴の後にどうせ、、、ときたら、もうあれしかないですよね。

そして音声を消しているサウンドも「チーン」なわけです。

これは間違いなく、ちーんの事ですよね。

そして、どうせちーんも「チーン!」とくるわけですが、お尻の穴のくだりで「極小」といっていたので、

おそらく「ちーんも極小!」ということを言っていたと思われます。

ちーんが極小、といえば、そちーんという言葉がありますね。

なので、おそらく柳子が連呼してチーン!チーン!となっていた部分は

そちーん、そちーんやろう!そちーん

みたいなことを言っていたんだと思いますね。

脳スマ5話、柳子の悪口がヒドイ!なんて言っていた?

はい、とんでもない記事になってしまいました。

ぜひ現物は本編を見ていただきたいですね。

しかし柳子さん、口が悪い女の子ってなんかドキドキしますね(笑)