愛あるで黄色いバラを送ったのは誰?黎がアドレスを教えてもらえないのはおかしい?

愛してたって、秘密はあるの4話が8月6日に放送されましたね。

キャストがいいのでただ眺めているだけでも楽しい愛ある。

そして、みんな自宅が豪華すぎる…黎の住所は横浜市の青葉区でしたね。

と、話がそれそうになりましたが、愛ある4話では入院している黎の母、晶子に父親殺しのキーアイテムである黄色い花が送りつけられて来ました。

しかも、黎の名義で。

このエピソードは今後の伏線になっていくと思われますが、若干「?」な部分がありました。

スポンサーリンク

愛あるで黄色いバラを送ったのは誰?黎がアドレスを教えてもらえないのはおかしい?

母不在の病室に黄色い花が届いていることに気づき驚いた黎ですが、風見先生からその花は黎自身から送られたものであることを告げられます。

たしかに、タグを見ると送り主は奥森黎。

もちろん、黎が送ったものではなく、何者かの仕業なのですが、、、

(ラベルで黎の住所がわかりましたね。横浜市青葉区…)

焦った黎ですが、送られてきた花屋に足を運び、事情を聴こうとします。

愛あるで黄色いバラを送ったのは誰?黎がアドレスを教えてもらえないのはおかしい?

謎の黄色い花、そしてそれを送ってきた花屋を知ることができた黎は、その花屋に自ら足を運び、自分が送ったことになっている花に覚えがない、と問い詰めます。

その結果、その花は1週間前にオンラインで注文されていたことが判明。

しかし、その注文元のメールアドレスを問い詰めると、「個人情報なので…」と断られてしまいます。

ここ、おい!っと思いました。

自分の名義で送られていて、自分には身に覚えがない。

このような特殊な状況であれば、アドレスは教えてもらえてもいいようなもんですよね。

情報が盗難されているリスクのほうが高いでしょう。

まあ、お店の人の対応はしょうがないとして、黎はもう一歩踏み込んで問い詰めてもよかったと思いますね。

まあ、難しいですかね(^^;

愛あるで黄色いバラを送ったのは誰?黎がアドレスを教えてもらえないのはおかしい?

最後にこのお花エピソードに関する視聴者の声を

おそらくお花の犯人はメールを送り付けてきている人と同一人物何でしょけど、誰なのかまではわかりませんね、、

果凛ちゃんか?

引き続き注目ですね!