愛あるに出てきた戸籍謄本って何?

今期話題のミステリードラマ、愛ある(愛してたって、秘密はある。)。

川口春奈さん演じる爽の家に戸籍謄本が送り付けられてストーリーが一段回進みましたよね。

しかし、実際戸籍謄本って何?

という方も多いと思うので、戸籍謄本について調べてみました!

スポンサーリンク

 

愛あるに出てきた戸籍謄本って何?4話で犯人も発覚!

愛あるに登場した戸籍謄本。

黎のお父さんが「失踪」となっていたことで、亡くなった人がなぜ「死亡」と入っていない?

と事情を知らない人を混乱に落とし日れる結果となりました。

(もちろんこれが犯人の狙いなのですが。)

実際、戸籍謄本とはなんなのか?

そして「失踪」と入っている意味とは?

 

愛あるに出てきた戸籍謄本って何?4話で犯人も発覚!

戸籍謄本とは、日本人全員が登録されてる記録で、家族単位で出生、結婚、養子縁組、死亡など、人の身分関係について記録されている書類です。

結婚したり、子供が生まれたら婚姻届けや出生届を役所に出しますが、そういった情報が記録されている書類ですね。

で、この書類、普通人が亡くなったら死亡届を出し、戸籍には「死亡」という記載が入ります。

つまり、亡くなったハズの黎のお父さんの戸籍の記録に「失踪」と入っているのは変なんですね。

亡くなって、家族がいるなら普通家族が死亡届を出すため、必ず「死亡」と入るハズなんですね。

そこに「失踪」と入っていたら、大人が見たらおかしい、となるハズです。

問題はそれが爽に送り付けられているということ。

これは大人の犯行ではない可能性がありそうですね。

 

愛あるに出てきた戸籍謄本って何?4話で犯人も発覚!

そして、4話では戸籍謄本を爽の家に挟み込んだ犯人が発覚しましたね!

果凛ちゃんでした!!

何といやがらせが目的でした。

果凛ちゃんは黎のことが好きだから、邪魔したかったんですね。

しかし、これまでの一連のなぞすべての犯人が果凛ちゃんかどうかまではまだわかりませんでしたね。

ただ4話は終盤でも急展開が、、、

果凛ちゃんの活躍がぶりがなんとなく秋元康感を感じますね。。

5話が気になりすぎる!!

 

※4話を見逃してしまった方はこちら!

【愛してたって秘密はある(愛ある)】動画4話(8月6日)見逃し対策!パンドラはNG!