【過保護のカホコの視聴率が好調なわけとは?朝ドラとSNSの活用に関係があり?】

スポンサーリンク

過保護のカホコ5話までの視聴率の推移

最近の日本テレビ系列水曜22時のドラマは、視聴率の好調が続いていますね。

過保護のカホコも例外ではありません。

平均視聴率を見てみると…。

第1話は11.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)。

第2話は、10.8%。

第3話は、12.0%。

第4話は、11.1%と、順調に10%台をキープしています。

そして、9日放送の最新話の第5話に至っては、全話中最高となる12.1%をマークするなど数字がジワジワ上昇しています。

前回や前々回のドラマを見ていて、予告が面白そうだからとそのまま続けて視聴しているという方も多いかと思いますが、それだけの理由ではないですよね。

好調を支える要因の一つが、メインキャストの演技ですよね。

朝ドラ以来、民放ドラマ初主演の高畑充希を皮切りに、現在放送中の朝ドラ「ひよっこ」にも出演していた竹内涼真。

朝ドラとは正反対の役どころに、また違った胸キュンする女性が多く出現しているようですよ。

脇を固めるのは、時任三郎、黒木瞳、三田佳子、名脇役の佐藤二朗など、豪華キャストが安定した演技を見せてくれていますよね。

また、本作の脚本を手がける遊川和彦氏は、これまで多数の作品を担当してきたベテラン脚本家です。

近年は『家政婦のミタ』(日本テレビ系)や『はじめまして、愛しています。』(テレビ朝日系)などを通じて、イジメや家庭虐待など現代の社会問題にスポットを当ててきています。

興味深い脚本と、出演者の見る人を引き付ける演技力、そして、カホコのちょっと度の過ぎる天然ぶりが(笑)、視聴率を好調へと導いている要因にもなっているのではないでしょうか。

過保護のカホコ関連のSNSの魅力

視聴率が好調なのは、SNSを有効に活用し、かつ、面白い企画的な事を行っている事も挙げられます。

最近は、ドラマ専用のTwitterを期間限定で設けたり、LINEの公式アカウントを設けたりするのは珍しくはありませんよね。

過保護のカホコも同様です。

公式のTwitterアカウントはフォロワー数が7万7千を超えています。(8月10日現在)

また、放送当日、放送内容に合わせてキーワードを発表。

「#過保護のカホコダッシュダッシュダッシュ」(第3話)、「#過保護のカホコIneedyou」(第4話)といったキーワードがトレンド入りを果たしています。

それだけではなく、113万以上のフォロワー数を抱える竹内涼真のセルフ・プロデュースも大きく貢献していると言えるのではないでしょうか。

竹内が発信する『過保護のカホコ』関連のツイートも同様に人気なんです。

それを証明するのは、竹内が8月9日に行なった第6話の予告ツイート。

こちらのリツイート数が1万7千件、いいねの数が14万2千件と、数字を見るだけで注目度の高さがうかがえます。

ドラマを見た女性ファンが、「結婚してください!」「イケメンすぎます」とキュンキュンしたツイートをしているのはもう珍しくありません(笑)。

LINE・インスタグラムの公式アカウントもうなぎのぼりの人気ぶり。

どちらも事前の番組告知はもちろん、インスタグラムは、Twitter同様、ハッシュタグを活用し、ドラマのキーとなるワードを発表しています。

インスタグラムのいいねの数は、毎回2万を超えており、かなり周知されているのが見て取れます。

またLINEでは、ドラマ連動型AI会話サービス「AIカホコ」をリリース。

適当な会話を入力すると、カホコからの返信が来るサービスです。

友達登録者数は、7月7日のリリースからわずか1ヶ月で10万人を超えてニュースになりましたね。

その後、さらに数日で20万人突破。

こちらもドラマ人気と相まって話題沸騰中です。

このように、話題のSNSを有効に活用し、毎回、視聴者を楽しませる工夫が、ドラマ人気にさらに火をつけていると言えるのではないでしょうか。

今週の話題となったシーンは?

ちなみに、今回視聴者の注目を最も集めたのはこちらのシーン。

竹内演じる初が見せた『ドアドン』。

初は、自分が川に投げ捨てた思い出の絵の具チューブをずぶ濡れになって探してくれたカホコを家に送り届けます。

初をよく思っていない泉は、もう娘にかかわらないでほしいと告げ、ドアを閉めようとするのです。

すると初は閉じようとしたドアを右手でガッとつかんで再び大きく開け、「いやです」と告げます。

そしてあくまでも冷静に、「できれば交際を許してほしいと思っていますけど、今はこんな格好なんでまたあらためてお願いしに来ます」と堂々と宣言して帰っていくという場面。

この直前には、カホコを川から抱き上げてお姫様抱っこで川岸に連れて行くシーンがありました。

それも相まって、特に女性視聴者のボルテージは上がりっぱなし

だったのではないでしょうか。

「胸キュンがやばい」・「カホコの玄関のドアになりたい」・「竹内涼真にお姫様抱っこされたい」などの声も多数寄せられました。

初は当初から妙におせっかいを焼くキャラクターではあったものの、少々適当なところもあり、チャラチャラしているようにも見えましたよね。

ところがいざという時には逃げも隠れもせずに男気あふれる言動を見せる姿に「ギャップ萌え」を感じる女性ファンが急増中のようです。

次回はどんな「ギャップ萌え」が見られるのか、

今からキュン待ちしちゃいますね(笑)。