【ウツボカズラの夢、第2話のあらすじ・バイト先の同僚役の梶原ひかりって?】

話題沸騰中の大人の土ドラ。

待望の第2話が放送されましたね。

今までは清純派なイメージの強かった志田未来さんが、大人の恋愛に足を踏み入れてしまう演技もまた、注目の的になっていますよね。

そんな第2話の簡単なあらすじを紹介します。

ネタバレを含みますので、お気を付けくださいね。

スポンサーリンク

ウツボカズラの夢 第2話の簡単なあらすじ

未芙由(志田未来)は家事を引き受けることと引き換えに、鹿島田家の中に居場所を得る事に成功します。

しかし、家にいる条件として尚子(大塚寧々)から突きつけられたのは、専門学校などに通うことでした。

未芙由の全財産は3万円未満…簡単に5万円という数字を口にする尚子たちとの間に、やはり大きな壁がある事を感じる未芙由でした…。

しかも、携帯代を支払う口座も、父の再婚相手に勝手に解約されている始末…。

と、ここまでが前回の終わりのシーンでしたよね。

そして、今週放送の第2話。

とりあえず洋服店でアルバイトを始めた未芙由。

同世代の同僚・怜美(梶原ひかり)との会話で、自分がいかに将来の夢や、そのために必要な金も持っていないかを思い知らされます。

未芙由は今、何者でもない。

そしてそれは、5年後も何者でもないままかもしれないということでもありました。

不安にかられる未芙由でしたが、そんな中、家で家事をしていると隆平(上杉柊平)から「料理の勉強したら?」と提案されます。

「料理なら世界で働けるし」柊平は未芙由のために料理学校の資料も探して渡してくれました。

「無理にそこにしろとかじゃないし、ゆっくり選べばいいよ」という隆平の言葉と優しさに心が潤う気がする未芙由です。

しかし、そんな思いも束の間…、資料を見て愕然としてしまいます。

そこに書かれていた費用は到底、未芙由が手を出せるような金額ではなかったのです。

「そういうことなのだ。貧乏人にはチャンスさえやらないって。それがこの世の中なんだ」と、いう思いに打ちのめされる未芙由。

一方、保護猫の里親を探すボランティアに参加している尚子は、NPO法人の吉岡(松本利夫)に見た目の印象をほめられ、浮き立つものを感じていました。

そんな尚子に仁美(国生さゆり)が声をかけます。

「若い子にどう見られるか確かめてみる?」仁美に誘われやってきたのは合コンでした。

無理にはしゃぎ、その場の会計も自分で済ませてしまう、そんな尚子の様子を仁美はじっと見ているのでした。

未芙由はというと、浮気現場の口止め料として、雄太郎につれられて昼食に行きました。

しかし、その現場を雄太郎の浮気相手の杏子(真木恵未)が見ていたのです。

雄太郎は、食事が終わると、何か買ってあげると言って未芙由をホテルにつれこみます。

未芙由は非常階段を上ってホテルの部屋に行き、その時、金銭の事は弁護士に任せているという旨の話を聞きます。

未芙由はその後、弁護士事務所に行って、相続の話を父親の後妻の斉藤はるか(玄理)と弁護士にしてもらいました。

すると、わずか20分で、相続の話はついて、50万円くらいが未芙由の元に帰ってくることになりました。

その弁護士事務所を出たとたん、長い間の悩みが一瞬で消えて、未芙由は大声で泣き出しました。

そして、バイト先では、同僚の怜美が、店の品物を持ち出してネットで売ってるのを知ってしまいます。

見つかった怜美は、悪びれる様子もなく、未芙由に一緒にやろうと誘いました。

仕事が終わった後、怜美にひととおりやり方を教わったあと、未芙由はスマホを取り出して、「きこえましたか?店長」と言いました。

実は、店長にはすでに話をしていて、怜美の証言を取るためにスマホで話を聞いていたのです。

店長からはお礼だといって3万円もらい、未芙由の全財産は、これで48万円くらいになりました。

しかし、料理学校に入る280万円には、まだまだたりません。

それから数日後、家に帰ると、誰もいませんでしたが、美緒の部屋に人がいる気配がありました。

未芙由は、力いっぱい扉をあけると、何者かが外へ逃げていきました。

部屋の中を見てみると、妊娠検査薬のレシートがおちていました…。

第2話も、色々と事態が明るみになってきましたね。

これから未芙由はどのようなウツボカズラ女に変化していくのか…、今後の展開が楽しみです。

バイト先の同僚役『梶原ひかり』ってどんな女優さん?

今回のゲスト出演者、『梶原ひかり』さん。

名前だけではいまいちピンっと来ないかもしれませんが、志田未来さん押しの私は、顔を見た途端に嬉しくなりました。

分かる方には分かるかもしれませんが、志田未来さんの名前を一躍有名にしたドラマを覚えていらっしゃいますでしょうか?

そう、天海祐希さん主演の大ヒットドラマ、社会現象にもなった『女王の教室』です。

その時、梶原ひかりさんも子役として出演しているんです。

しかも、志田未来さんの親友『エリカちゃん』役として。

そんな二人が大人になって、また共演するとか…、子役時代を知っているものとしては小躍りですよね(笑)。

梶原さんも大人の色っぽい雰囲気を醸し出していましたが、顔立ちは子役時代の面影もありましたね。

では、そんな梶原ひかりさんについて、少し紹介します。

・梶原 ひかり(かじわら ひかり)

1992年12月21日産まれ、24歳、東京都出身、ヒラタオフィスに所属しています。

2000年に舞台『蒲田行進曲完結篇~銀ちゃんが逝く』で子役としてデビュー。

子役時代はホリプロインプルーブメントアカデミーに所属。

『仮面ライダー剣』などに出演。

『女王の教室』では、志田未来の親友である佐藤恵里花役を演じ、その安定した演技が有名になりました。

その後、エムズファクトリーに所属し、2012年9月にヒラタオフィスに移籍しました。

特技は茶道・料理、運動全般。

ざっと出演歴を見てみても、数多くの作品に出演しています。

記憶に新しいのは、2015年に放送された朝ドラ『まれ』に、岡野亜美役として出演しています。

また、映画『新宿スワン』にも出演されており、ドラマ・映画・舞台と、活躍の場は広いようですよ。

公式のインスタグラムも開設しており、激レアな志田未来さんとの2ショットも掲載されていました。

気になる方は、是非チェックしてみて下さいね。

インスタグラムアカウント⇒hikarikajiwara