コードブルー5話、名取先生が首吊り!?ミスが原因!?

コードブルー3、5話が8月14日に放送されましたね。

5話は名取先生(有岡大貴さん)回!ということでファンは待望していましたが、内容的には名取先生が大きなミスを犯してしまう、という回でした。

そして、いざ放送が開始すると、視聴者の間で名取先生が首つりした!首つり自殺を計った!と騒然となりました。

いったいどういうことなのか!?

調査していきます!

スポンサーリンク

 

コードブルー5話、名取先生が首吊り!?ミスが原因!?

まずは首つり!と騒然となった現場を押さえていきましょう。

コードブルー5話、名取先生が首吊り!?ミスが原因!?

はい、名取先生が足をぶらぶらさせている場面を見てみんな誤解をしてしまったんですね。

当直で寝転がりながら音楽を聴いているシーンでした。

問題のシーンはこちら。

 

確かに静止画で見ると首吊りに見えますね。(笑)

ただこのシーンドラマでは一瞬なんですよ。

視聴者の皆さまの瞬発力にちょっと驚きです。

 

コードブルー5話、名取先生が首吊り!?ミスが原因!?

5話では、名取先生の成長の物語が描かれていました。

骨盤骨折を見落とし、別の病院に搬送してしまったために容態が急変、一時は患者が命を落としかねない状況に追い込まれましたね。

当初は言い訳ばかりをし、反省の色が見られなかった名取先生ですが、実際に骨盤骨折を見逃されたレスキュー隊の人に、

「レスキューの仕事では、現場は荒れ果てているため失敗の言い訳はいくらでもできる。だからこそ、言い訳は一切しない。そのような人間でなければ、人の命を預かれない。」

といわれ、はじめはいじけてしまうものの、自分にもそれは当てはまることであると、最後には改心しました。

その結果、その患者さんにも真正面から謝罪ができるまでになりましたね。

正直スタートラインに立てたかな、くらいのレベルの成長だと思いますが、本人的には大きな一歩を踏み出した感じで、白石先生も喜んでおり、5話全体としては爽やかなエピソードになっていましたね。

(他のエピソードがきついものが多かったですからね。冴島先生、、、)

 

名取先生ファンはもちろん、ほかにもすごいエピソードが盛沢山だったコードブルー3、5話を見逃してしまった方は見逃し配信でのチェックがマストですね。

こちらに無料で見逃がし配信を視聴できる方法をまとめていますので参考にしてみて下さい。

【コードブルー3】動画5話(8月14日)見逃し対策!パンドラはNG!