本当にあった怖い話、北川景子が弟の犠牲に!?北川景子は生きてる?

8月19日に本当にあった怖い話が放送されましたね!

懐かしく視聴された方も多かったのではないでしょうか?

本当にあった怖い話って、本当にあったことなので、冷静に考えれば超怖いですよね!

今回の放送の最後のお話は看護師をやっている北川景子さんとその病院に入院している弟のお話でした。

スポンサーリンク

本当にあった怖い話、北川景子が弟の犠牲に!?北川景子は生きてる?

8月19日に放送されて本当にあった怖い話、最後のお話は看護師をやっている北川景子さんとその病院に入院している弟のお話でしたね。

入院している弟が何もない壁に向かって声を発したり、手を伸ばしたりしてしまう。

そのたびに北川景子さんが心配して弟に声をかける、みたいなことを繰り返していました。

弟には何か見えていることが明らかで、そしてそれがこの世のものではないことも明らかでしたね。

しかしはじめは、北川景子さんには何も見えませんでした、、、

本当にあった怖い話、北川景子が弟の犠牲に!?北川景子は生きてる?

物語の佳境、深夜にまたしても弟がベッドから起き上がり、何もない空間を見つめ、何かを言っていました。

北川景子さんは弟を抱きしめ、自分も恐る恐る弟が見つめている方向を見てみます。

1回目は、何もありませんでした。

しかし、弟は何もない空間に声を発することをやめず、手も伸ばすします。

恐る恐る、北川景子さんがもう一度空間のほうを見ると、

そこにはゾンビのような姿をした入院患者らしき霊が6人立っていて、徐々に弟と北川景子さんがいるほうに近づいてきていました。

かなり恐ろしい霊たちでしたね。

弟も手を伸ばし、6体の霊もどんどん近づいてくる。

そこで北川景子さん、すかさず、「連れて行くなら私を連れて行って!」と叫びます。

言いましたね。北川景子さん。

そのあと少し時間をおいて再びその空間に目をやると、霊は消えていました。

この先の展開、怖いですよね。

連れていくなら私を!といって、事なきを得た。。

これって、後々北川さんが連れていかれることになるのかな、、、、

とどきどきしておりました。

結局、このお話では北川さんが連れていかれることはなく、あのことは何だったんだろう?

孤独死した患者の霊なら、自分も看護師としてもっと頑張ろう、という北川さんのナレーションで幕を閉じました。

どうせならもっとホラーな感じで最後北川さんがー!というのもありだとおもいますが、本当にあった話が違ったのであれば仕方ないですよね。(笑)

本当にあった怖い話、北川景子が弟の犠牲に!?北川景子は生きてる?

最後に今回の本当にあった怖い話の視聴者の感想を見てみましょう。

最後のつぶやきが面白い(笑)