【ウツボカズラの夢 第4話のあらすじ、キーマンは雄太郎】

スポンサーリンク

ウツボカズラの夢 第4話のあらすじ

前回のラストは、未芙由の父親の後妻、はるかが突然鹿島田家を訪ねて来たシーンで終わりましたね。

はるかは、図々しくも鹿島田家の居間に上がりこみ、ある事無い事言いだします。

未芙由の過去や長野の現在の様子、そして、未芙由とは仲良しだとアピールしだす始末…。

はるかは、親戚の人が入院していて手術をするので東京に来たといいます。

そして、友達の家にしばらく泊まるといっていましたが、友達とは連絡が取れなくなったと言います。

すると、尚子の勧めで未芙由の部屋に泊まることになりました。

何を考えてるのかわからないはるかに未芙由は恐怖を抱きます。

はるかが未芙由の部屋に来ると、部屋を物色し始めていい生活をしてると嫌味を言いだします。

しかし、未芙由の弟の昇太は元気にしてるし、未芙由にはうらみがないと言って寝ました。

そんなはるかの様子に、困惑するばかりの未芙由…。

翌朝、未芙由が目を覚ますと、はるかの姿がありません。

はるかは既に起きていて、、祖母の久子と仲良く話をしているではありませんか。

しかも、はるかは未芙由が尚子からもらった服をきていました。

それを見て、はるかに対する疑惑と怒りは増すばかりの未芙由…。

するとはるかは、「未芙由を長野に連れて帰ろうと思うんです。家族ですから」と久子に言い出してしまいます。

それを聞いた久子はとても喜び、嬉しそうに「若いのに常識おありね」と答えます。

久子にとっても、未芙由は邪魔な存在ですからね。

その後、はるかと二人きりになると、未芙由はなぜ連れて帰ることを言い出したのかを問います。

その問いにはるかは答えずに、「渋谷に歩いていけるところに住むの、夢だった」と言って家に入って行ってしまいます。

未芙由はどうにかしなければと、昼間、雄太郎とレストランで昼食を取ります。

そして、長野には戻りたくないし雄太郎と離れたくないといって、はるかのことを相談します。

「追い出さないで」と頼む未芙由に、雄太郎はでれでれして大丈夫だろと言いました。

はるかも大人しくはしていません。

尚子に未芙由を長野に連れて帰りたいといいながら、子育ての話をして仲良くなりました。

そして、未芙由が家に帰ると、はるかは美緒と恋愛の話で盛り上がっていました。

それを見た未芙由は、美緒と二人になると、大事なことははるかに話さないほうがいいと伝えました。

二人の静かな駆け引きが始まりました。

尚子はというと、ペットのボランティアにいくと、仁美はしばらくこれないようだ、と、吉岡に言われました。

そして、吉岡は尚子をお茶に誘います。

はるかの事を警戒しながらも、未芙由はバイトに行かなければなりません。

しかし、鍵を忘れている事に気付き家に戻ると、隆平が電話で激しく言い争っていたのを聞いてしまいます。

いつも穏やかな隆平の怒っている様子に、「大丈夫ですか?」と聞くも、隆平はごまかして部屋に入ってしまいました。

隆平は友達からお金を集めてどこかに投資のようなことをしていたようですが、相手と連絡が取れなくなってしまったようでした。

どうやら鍵は、「エッジソフトウェア」の今村ミキという名の人物のようです…。

そんな折、尚子は吉岡とお茶をしていました。

吉岡はスマホを見ながら、ペットのボランティアをはじめたきっかけを話していました。

尚子は、吉岡がスマホをちらちら見るのを見て彼女がいるのだと推測します。

ところが、実は、スマホにどういうことを話せばいいのか指示が来ていたんです。

吉岡は、尚子からお金を出させようとしていました。

未芙由がバイトをしていると、はるかがやってきます。

そして、未芙由の代わりに東京に住んで贅沢な暮らしをしたいといって帰って行きました。

雄太郎のところには杏子がやってきました。

いつものようにホテルに行きますが、雄太郎は別れ話を切り出します。

そのあと、杏子は若い彼氏の秀行に会って相談しますが、「おっさんの機嫌とってよ」と言われてしまいます。

杏子は、秀行の目的はお金だと気づきますが別れられませんでした。

翌朝、未芙由は、出かけようとする久子に仲良くしようと声をかけますが、二人とも早く出て行ってくれと言うだけで、まともに取り合ってくれません。

すると、杏子がやってきて家に入ろうとしますが誰もおらず、そんな二人の様子を遠くからはるかが見ていました…。

はるかは早速行動に出て、杏子を誘って喫茶店で話をしました。

はるかは不倫仲間だとウソを言うと、杏子は未芙由も同じ事をしているとはるかにばらしてしまいました。

その日の夜、食事をしながら、はるかは未芙由が大人になったとか、雄太郎に「未芙由にそばにいてもらいたいと思ってるんですか?」とほのめかしました。

焦った雄太郎は電話だといって席を立ってしまいました。

その日の夜、未芙由がはるかが寝た後に居間に行くと、隆平が居間でスマホを見つめながらウイスキーを飲んでいました。

隆平が何かに追い詰められてると感じ、水を持っていきますが、隆平はシャワーを浴びに行ってしまいます。

そして、残されたスマホには、「何で金が要るの?」と言うメッセージが来ていました。

未芙由は隆平の部屋に忍び込んで、「エッジソフトウェア」の今村ミキの名刺の写真を撮りました。

翌朝、出かける尚子に隆平が何か悩んでるようだと言います。

しかし、尚子は大丈夫だといって出かけて行ってしまいました。

未芙由は意を決して、名刺の番号に電話をしますが、「私からは言えません」と言って切られてしまいます。

未芙由は雄太郎の部屋に行って、翌日二人で会いたいといいます。

その日、雄太郎ははるかに翌日の新幹線の切符を手配するから帰ってくれといいました。

そして翌日、ホテルで雄太郎は、未芙由にも新幹線の切符を渡します。

未芙由は、「君も帰ってくれないか。しばらくはおとなしくしていたい」と言われてしまいました…。

まとめ

未芙由とはるかの頭脳戦って感じの回でしたね。

鹿島田家の人たちが、どちらをより信用し、味方になってくれるのか…。

雄太郎だけは何があっても未芙由側に付くのではないかと思っていましたが、衝撃のラストでしたね。

果たして、鹿島田家にいられるのはどちらになるのか…次回も目が離せませんね。

ウツボカズラの夢を見逃してしまった方は、こちらの記事を参考に無料で視聴してしまいましょう!

【ウツボカズラの夢】動画3話(8月19日)をデイリーモーションで見てはいけない理由