コードブルー7話、ドクターヘリ墜落で白石先生が負傷!

コードブルー7話が放送されましたね!

ドクターヘリ墜落!ということで、放送前の予告段階から大変な話題を呼んだコードブルー7話でした。

そしてドクターヘリ墜落しましたね。

墜落といっても、全員が死亡するような事故ではなく、離陸失敗といった程度でしたが。

ドクターヘリの墜落でどうなってしまったのか!?

見ていきましょう。

スポンサーリンク

 

コードブルー7話、ドクターヘリ墜落で白石先生が負傷!

コードブルー7話ではドクターヘリがなんと墜落してしまいました。

しかも、その原因はフェローの灰谷先生が現場に早く急行したがためにヘリのパイロットをせかしたせい。

ドクターヘリに乗っていたメンバーは全員無事だったものの、白石先生は足を怪我してしまいます。

足を引きずっている白石先生、ちょっと痛々しかったですね。

予告段階では、画面に登場しなかった藍沢先生がヘリに乗っていて、大変なことになってしまったのかとも思いましたが、大きな事故でなくてよかったですよね。

 

コードブルー7話、ドクターヘリ墜落で白石先生が負傷!

しかし、この事故は様々な次なる事件を起こしました。

まずは、ヘリの2週間の出動停止。

謹慎処分のようなものですね。

けじめはつけなければなりませんので、仕方ありません。

しかしこのことが、さらなる事件につながっていきます。

ドクターヘリの2週間出動停止で大きなショックを受けたのは、灰谷先生でした。

自分のせいでヘリが墜落したのに、自分はおとがめなし。

パイロットだった人はパイロットを外されてしまいました。

そして何より、ドクターヘリが出動できないことで救えた命がいくつも救えなくなる。。

そう考えた灰谷先生は処分の結果を聞いた瞬間取り乱してしまいます。

 

コードブルー7話、ドクターヘリ墜落で白石先生が負傷!

場面が変わって白石先生と橘先生がエレベーターで一緒になるシーン、橘先生は白石先生の負傷した足を気遣いながら、排他に先生への睡眠薬の処方量が多すぎることを指摘します。

しかし、睡眠薬に覚えのない白石先生、灰谷先生が精神的に大きなショックを受けていたことから、急に心配になって午前中休みの灰谷先生に電話します。

しかしその電話に出たのは藍沢先生。

灰谷先生は頭に大けがを負い、白石先生がいる救命センターに救急搬送されている最中でした。

睡眠薬が多すぎて駅のホームから転落したとのことでしたが、白石先生は灰谷先生が自殺を図ったのではないかと疑います。

このエピソードは8話で詳しく語られるようですので、8話を楽しみに待ちましょう!

 

コードブルー、7話を見逃がしてしまった方はこちら!

【コードブルー3】動画7話(8月28日)見逃し対策!パンドラはNG!