【朝ドラひよっこ 放送休止で昼の視聴率が倍増?「OISSY」って何?】

スポンサーリンク

☆ひよっこの昼視聴率が倍増したわけとは?☆

29日(火)8時~放送のひよっこ第128話。

朝の衝撃的事件により、放送休止になりましたよね。

そうです…、北朝鮮のミサイル発射…それに伴う「Jアラート」騒動。

以前も朝ドラが休止になった事はありましたが、今作のひよっこでは初めての事です。

放送を心待ちにしていた視聴者からは、振替の放送がいつなのかソワソワしていたことと思います(私もそうでした(笑))。

北朝鮮関連ニュースにより休止となった分は、30日(水)の8時から、本来放送分の129話はその後の8時15分から放送となる事が決定しました。

が、賢い人は知っている…。

そう、29日(火)の昼の再放送の時間がある事を…(笑)。

本来は再放送という時間帯なので、視聴率は高くは無いのですが、128話にとっては初見になる訳で。

なんと、29日の視聴率は、同時間帯の前4週平均5.9%から5.7ポイント上昇し、平均視聴率は11.6%という数字を叩き出しました。

やっぱり、見れる人は、翌日を待たずに見たいですもんね(笑)。

普段は再放送だからとスルーしている人たちも、休止によっての注目度も相まって、このような高い数字を記録したものと思われます。

ちなみに、第128話は、時子が応募しようとしていた、ミニスカートが似合う女性を選ぶコンテストは、応募の締め切りが過ぎていました。

出場のチャンスさえ逃してしまった時子は、がくぜんとするも、その日、仕事から帰ったみね子は、富から1枚のはがきを見せられます。

それは、時子宛てに届いた、選考への案内はがきでした。

アパートの住人たちが「一体、誰が申し込んだのか」と考え込む中、早苗の一言に、時子はピンとくる…という展開でした。

☆129話に出てくる「OISSY」がSNSで話題に?☆

128話からの連続放送という事でも注目を集めた30日(水)放送の129話。

ストーリー的にも、時子とさおりの初顔合わせで一触即発!?という注目すべき内容だったのですが…。

実は、注目されたのは、それだけではないんですね。

舞台は、三男が働く米穀店。

以前、時子が三男の元を訪ねた時に、偶然聞いてしまった会話…。

それは、米屋の娘さおりが三男の事を好きだと言い、三男は、時子が夢を叶えるまでずっと片思いをすると決めているという会話でした。

そして、ついに時子は一念発起!!

母親のファインプレーもあり、ミニスカート流行の立て役者、「ツイッキー」のそっくりさんを探すオーディションの書類選考を通過したのです。

その事を、みね子と一緒に三男に報告しに、三男の仕事先を訪れたのですが…。

そう、さおりと時子は一度顔を合わせているんですよね。

三男を取られたくない一心で、時子のファンを偽り、さおりは時子の事を応援しに行っていたのです。

なぜ突然、自分のファンが応援に来たのか、さおりの顔を見て悟った時子は怒ります。

しかし、さおりも負けじと言い分を話しますが…、なぜだかみね子も巻き込んでの言い争いのようになってしまいました。

そして、クールダウンも兼ねて、さおりはみんなにジュースを出します。

ここで出されたジュースに、視聴者は注目し、SNSがざわつきました。

そのジュースの瓶には、「OISSY」と書いてありました。

知らない人は、そのままスルーしてしまうシーンですが、実はこれ、とあるパロディになっていると話題になっているのです。

そのパロディと言われているのが、果汁入りの飲料水「プラッシー(PLUSSY)」。

「プラッシー(PLUSSY)」は、昭和30年代以降、米穀店で販売されていた果汁入りの飲料水なんです。

昭和のお米屋さんで ジュースと言えば、プラッシー(PLUSSY)と言われるほどの人気だった商品で、年代がドンピシャの方はかなり興奮した様子(笑)。

このプラッシーは、武田薬品工業の食品部門を担当する子会社の武田食品工業が1958年に発売した果汁飲料です。

薬品会社を母体とする同社は清涼飲料を販売する取引先を持っておらず、当時は米穀店と自動販売機で販売されていました。

しかし、1980年代に製造中止を迎えます。

じゃあ、やっぱり今は無いのかと思ったあなた!!

安心してください、1998年にリニューアルされ復活していますよ(笑)。

実は、2006年に、ハウス食品グループ本社の完全子会社として新たに誕生したハウスウェルネスフーズ(兵庫県伊丹市)に受け継がれたんです。

その為、プラッシーは今も変わらず販売されており、もちろん米穀店に限らず一般的な販路にも流通しているんですよ。

「ああー!!懐かしいです、タケダのプラッシー(的な…)。お米屋さんで扱ってましたよね。好きだった~。今でもあるのかな…」

「プラッシー飲んでたよ。みかんジュースで中にみかんのツブツブ入ってた。昔だから果汁は少なかったんじゃないかな」

などという声が、SNS上に上がり、懐かしむ声も多くありました。

そして、「プラッシーまだ売ってるのね。でもちょっと瓶が違う」なんて声もありましたから、もしかしたら明日からバカ売れしてしまうかもしれませんね。

しかも、ドラマの中では「OISSY」を飲んだみんなが「美味しい」と呟いているから、このネタを知っている人はクスリときたかもしれません(笑)。

ドラマのストーリーも、プラッシーの今後の売れ行きからも目が離せませんね(笑)。