僕やり8話、パイセンの名前がひでろうの理由が明らかに!

僕やり8話が放送されましたね!

僕やり、相変わらず面白かったですね!

8話では、パイセンの名前(ひでろう)の由来が明らかになりましたね!

まさかの理由でした。

というか、パイセンとお父さんの輪島宗十郎とのやり取りが本当にリアルで、、、

世界が違う感じがひしひしと伝わってきましたね。

スポンサーリンク

僕やり8話、パイセンの名前がひでろうの理由が明らかに!

パイセン、輪島宗十郎のことをいろいろと調べて、ついに輪島の居場所を突き止めました。

何者かを懲らしめている最中でしたね。

そこになんとパイセン、割って入りました。

そして輪島宗十郎に「金よりも愛を!」と訴えます。

パイセン、やりますね。

誰かを暴行している最中の輪島にこのツッコミはなかなかです。

僕やり8話、パイセンの名前がひでろうの理由が明らかに!

しかし、当の輪島は全くパイセンのことを覚えていませんでした。

この感じ、なんか社長と平社員みたいな差を感じて面白かったです。

しかし付き添いの弁護士に確認して、13人目の愛人との間の子であったことを思い出します。

すごかったのは、パイセンのお母さんはパイセンが不細工すぎることが原因で亡くなったしまったということ、

しかも、輪島と13人目の愛人の間の関係性もパイセンが不細工だったことでぎくしゃくしてしまったといいます。

すごいですね。不細工の威力。(笑)

僕やり8話、パイセンの名前がひでろうの理由が明らかに!

さあ、引っ張りすぎましたが、パイセンの名前がひでろうである理由です。

理由は、「(顔が)ひでえやろうだ。」ということ。

またしても不細工が原因でしたね。

そして輪島宗十郎のパイセンに対しての最後の一言も、「不細工」でしたね。

パイセン、本当にちょっとかわいそうですね(^^;