活劇刀剣乱舞11話、土方と一緒にいた鉄之助ってどんな人?

活劇刀剣乱舞も11話まで来ましたね。

11話では土方さんのエピソードがたくさん出てきました。

その中で鉄之助という人物が登場しましたね。

和泉守兼定を函館から本土に持ち帰った人物ですね。

ちょっと詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

活劇刀剣乱舞11話、土方と一緒にいた鉄之助ってどんな人?

活劇刀剣乱舞11話では、鉄之助という16歳の少年が登場しました。

土方から和泉守兼定を本土に持ち帰るように託された人物ですね。

16歳で戦地にいるとは、さすがに昔はすごいですね。

活劇では非常にかわいらしい少年として登場していました。

ちょっと堀川に見えましたね。

みんな鉄之助を見てどう思ったのでしょうか?

活劇刀剣乱舞11話、土方と一緒にいた鉄之助ってどんな人?

活劇刀剣乱舞11話、土方と一緒にいた鉄之助ってどんな人?

なんかピースメーカーの主人公ってことでピンと来た人が多かったみたいですね!

市村鉄之助の細かい情報はこちらです。

経歴
安政元年(1854年)、美濃大垣藩士・市村半右衛門の三男として生まれる。安政5年(1859年)、父が藩より追放され、親類のいる近江国国友村(現滋賀県長浜市)で育った。
慶応3年(1867年)の新選組の隊士募集で兄の辰之助と共に14歳で入隊。辰之助は両長抱として、鉄之助は土方歳三附属を命じられた(『島田魁英名録』)。その後、隊士全員が江戸幕府直参に取り立てられ幕臣の身分となる。
慶応4年(1868年)1月の鳥羽・伏見の戦いにおいて旧幕府軍は薩長連合に敗北し、新選組も京を離れて江戸へ撤退するとこれに従い、その後は甲陽鎮撫隊として、甲斐で官軍と戦うが大敗し再度江戸へ退く。江戸帰還後は歩兵募集に従事する。なお、この頃に兄の辰之助は新選組を脱走している。流山で局長近藤勇が捕縛された後、残った隊士たちは会津、福島、仙台へと転戦し、そして蝦夷地へ到着する。
鉄之助は土方の小姓として付き添い、土方から「頗る勝気、性亦怜悧」と評されている。明治二年(1869年)5月ころ、土方の命で遺品を託され、箱館から脱出。2ヵ月後に官軍の包囲を掻い潜り、土方の親戚・佐藤彦五郎家に到着した。鉄之助は約2年ほど佐藤家に滞在し、後に実家に帰って兄と再会したが、明治6年(1873年)に大垣で病死した。
なお、島田魁の親類・岸家の伝承によると、西南戦争において西郷側につき、戦死したとも伝えられている。その話がのちの慎斎私言等に反映され、通説化した。出典:ウィキペディア

14歳で入隊とは、、、なかなかすごいですね。

ピースメーカーというマンガでは鉄之助が主人公らしいです。

なんか面白いみたいですね。