愛ある9話、風見に刺されたのは爽の父親、立花弘晃!助かるか?

愛ある9話、ついに来るところまできた!という感じのお話でしたね!

そして、9話では風見先生がなんと2度目の立花家に刃物をもって侵入。

一回目とは事情が違いましたが、今回は大変なことになりましたね!

ちょっとおさらいしていきましょう。

スポンサーリンク

 

愛ある9話、風見に刺されたのは爽の父親、立花弘晃!助かるか?

愛ある9話では、黎のお母さんが黎をかばう形で自首をし、逮捕されてしまいました。

黎の母親の逮捕が大々的に報道され、黎の職場の同僚から立花家の一家から、関係者全体に知れ渡ることになります。

そして逃亡中の風見先生も身を隠していあネットカフェのPCでそのニュースの情報を得ます。

そして、再び立花家に侵入するのでした。

 

愛ある9話、風見に刺されたのは爽の父親、立花弘晃!助かるか?

黎の母親逮捕のニュースを見た風見先生は、立花家に侵入し、爽の父親で検事の立花弘晃の帰りを待ち伏せします。

そして弘晃が帰ってくると、刃物を構えて、奥村(黎の父親)が収賄に関与していないこと、何も知らないことを知っていて無理やり供述を迫ったのか!?と問い詰めます。

それに対して立花の答えは、「それはどちらでもよかった。」というもの。

これはひどいですね。

検察の闇としか言い表せないきつい回答です。

そして、そんなことをした立花が許せる風見先生ではありませんでした。

風見先生、刃物を構えたまま立花に向かって走っていきます。

 

愛ある9話、風見に刺されたのは爽の父親、立花弘晃!助かるか?

しかし、そこにちょうど爽の兄の暁人が帰ってきます。

父親をかばおうとする暁人、それをさらにかばう形で立花は背中に風見先生の刃を受けてしまいます。

その場に倒れ込む立花。

暁人が慌ててスマホで救急車を呼ぼうとしますが、なぜかその手を一瞬制止する立花。

そしてその手を制止したうえで、気絶する寸前まで歯を見せて笑っていました。

自分の罪に対する贖罪ができた、といわんばかりでしたね。

そのあと、立花母が出てきて暁人に再び救急車を呼ばせます。

立花弘晃はその場で気絶してしまったので、結構傷が深そうな描写ではありましたが、刺された獲物の刃渡りからすると致命傷は与えられそうなんですよね。

ちょっと立花の気絶は大げさな印象を受けました。

これで死んでしまったらちょっとどうなんだろう、、という感じはします。

というよりも、このドラマで最も恨まれる対象になる人物ですので、こんなカンタンに死なせてもらえない気もしますが(^^;

とにかく最終回でどうまとめるか、ほんと要チェックですね!

 

まさかの9話を見逃してしまった方はこちらからどうぞ!

愛してたって秘密はある(愛ある)動画9話(9月10日)見逃し対策!パンドラはNG!