さくらの親子丼1話、なぜ親子丼?が明らかに!

真矢ミキさん主演のドラマ、さくらの親子丼が始まりましたね!

なかなか濃い内容で、1話目から大反響でした。

そして、なぜ親子丼なのかも明らかになりましたね!

スポンサーリンク

さくらの親子丼1話、なぜ親子丼?が明らかに!

さくらの親子丼、公式のあらすじかではこのようになっています。

幸せと不幸せは紙一重。
人間は生きているからこそ考え、前を向こうとあがき続ける。
そう、人間の数だけドラマがあり、
それがハッピーエンドだとは限らない。
これは、観る者の感情をゆさぶる、心がヒリヒリするような、
都会の片隅の物語。

東京・大田区。羽田空港にほど近い、下町とも言える雑多な雰囲気の中、
ぽつんと一軒の古本屋「九十九堂」がある。
漫画を中心に揃え、幅広い世代が訪れる店の主人・九十九さくら(52)は、少し変わった毎日を送っていた。

古本屋の奥には「たまりば」と呼ばれる一室が。
そこには、どこからともなく“行き場を無くした人々”が集まる。
すると、主人のさくらは、深く詮索するでもなく「親子丼」を出す。
相手が誰であろうと無料。
それがうまい。お腹を満たすだけでなく、心まで温めてくれるような…。

空腹が満たされた“行き場のない人”は、
少しずつ、自分のことをさくらに話し始めるのだ。
それをさくらは聞く。ある時は共に涙を流しながら。
「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」
それがさくらの口癖だ。

―今日もまたひとり、ふたりと、
 現代社会からはみ出してしまいそうな人間が、九十九堂を訪れる。

「この子さえいなければ…」と日々悩み続けるシングルマザー。
複雑な家庭環境から摂食障害に悩む女性教諭。
殺人事件を起こし、少年院出所後も「愛」を求めて明るく振舞う少年。
会社で居場所を失った自閉症の男性。
今を生きる人々の、様々な事情、リアルな感情が浮き彫りになっていく。

―そんな中、さくら自身もまた、悲しい過去と向き合うことになる。

さくらが親子丼を無料で振る舞うキッカケになった、16年前の出来事とは。
ある日、九十九堂を訪れた一人の少女・二宮あざみ(17)が、
時計の針を巻き戻していく…。

幸せと不幸が紙一重なのかはなぞですが。

そしてなぜ九十九堂に人が集まるかについてもちょっとよくわかりませんでしたが、

とにかく訳アリの人がたくさん集まってきます。

さくらの親子丼1話、なぜ親子丼?が明らかに!

次に1話(1杯目)のあらすじを。

 

東京・大田区。羽田空港近くの町で、九十九さくら(真矢ミキ)は、古本屋「九十九堂」を営んでいる。古本屋の奥には“たまりば”と呼ばれる一室がある。ここでさくらは、行き場をなくして空腹で訪れる客に無料で親子丼を提供していた。

 家出少女の二宮あざみ(吉本実憂)は、正木リエ(柳美稀)らと組んで非行を繰り返す毎日を送っていた。ある夜、ヤクザに追われて逃げ込んだ公園で腹を空かしたあざみは、リエが聞きつけた「ただで親子丼が食べられる場所がある」という噂を頼りにたまりばにやってきた。たむろしていたのは、少年院出所後、アイドルを目指す妹の夢のために貧乏ながらも懸命に働く君塚達也(今井悠貴)や、絵が得意だがコミュニケーションに難がある男性・玉置玄(矢野浩二)、さらに不良少年やひきこもりの少年など、少しだけ社会からはみ出した面々。突然訪れたあざみとリエに対し、さくらは深く詮索もせず温かい親子丼を差し出す。久々に食べる心のこもった手料理をむさぼるように食べる2人。しかし「泊まる場所がないから一晩泊めてほしい」という申し出を、さくらはかたくなに断った。

 親子丼の美味さに感動したあざみは、反抗的な態度をとりながらもたまりばに通うようになった。ある日、たまりばに来ていたあざみは、達也に自分の生い立ちを話し出す。あざみは1歳のころ、生みの母親に殺されそうになり、それを止めに入った高校生のウェイターが巻き添えにあい殺されたのだという。何気なくその話を耳にしていたさくらは呆然と立ち尽くす。実はさくらの息子も、事件に巻き込まれて死亡していたのだった。運命のいたずらとも言えるあざみとの出会いに、さくらがとった行動とは…?

さくらの親子丼1話、なぜ親子丼?が明らかに!

あざみの母親に殺されたのは、さくらの息子の俊平であったことはドラマを見ていた人には明らかでしたよね。

なんという運命のいたずら。

つまり、桜から見て息子の仇の娘があざみ。

これからあざみがストーリーに深くかかわってきそうですね。

そして、さくらが親子丼を出すいみですが、「親と子が一緒に仲良く丼に入っているから」。

息子を失っているからこそ、親子が一緒にいることの大切さをかみしめるのでしょうね。

1話では達也がいきなり傷害罪で逮捕・連行されるというヘビー滑り出しを見せたさくらの親子丼。

これからどうなるのか、目が離せませんね!