【刑事ゆがみとは?】

浅野忠信&神木隆之介のバディによる刑事ドラマ。
2017年10月12日スタート、毎週木曜日22:00~フジテレビ系列で放送開始され、初回は15分の拡大版です。
「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感強い真面目刑事」の凸凹バディが難事件を解決していきます。

全ての人が信じている人・物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という凸凹バディ。
二人を中心に、事件を解決していく様に注目です。

スポンサーリンク

【刑事ゆがみの脚本は?】

脚本を担当するのは、倉光泰子・大北はるか・藤井清美の女性3人です。

倉光泰子さんは、『ラブソング』を担当。
大北はるかさんは『好きな人がいること』『帝一の國』。
藤井清美さんは映画『るろうに剣心』『ミュージアム』『相棒シリーズ』を担当した方です。
3人の若手~ベテラン脚本家の方が、女性目線で作品をどう描くのかも注目されますが、ブラックさなどは多少マイルドになる可能性もあり、そのあたりが面白さを左右するカギとなるかもしれませんね。

毎クール、視聴率の苦戦を強いられている木曜22時枠ですが、キャスト・原作・脚本と、強力な布陣の元、どのような数字を叩き出してくれるかも、注目したい所ですね。

【刑事ゆがみの原作は漫画?】

「刑事ゆがみ」は、井浦秀夫さんの漫画「刑事ゆがみ」が原作となっています。
小学館の「ビックコミックオリジナル」で大人気連載中で、2人の凸凹バディが難事件を解決する刑事の物語です。

漫画界にあって希代のストーリーテラーと表される井浦秀夫さん。
井浦秀夫さんは長野県出身で早稲田大学第一文学部を卒業されています。
1979年、ホラーサスペンスの「私は人を殺した」で双葉社の漫画アクション新人賞を受賞し、プロデビューを果たします。
高い評価を得たのは「少年の国」。
1991年から約半年間連載された作品で、1人の超能力を持つ少女の周りに作為的に生まれた新興宗教団体が舞台でした。
この作品が発表された後オウム事件が起こったため、これを予見したのではないかと言われたほど。

初めて映像化されたのは2003年にビッグコミックオリジナルに連載されていた「弁護士のくず」です。
型破りな弁護士が主人公で描かれ、「強欲弁護士銭高守」の主人公の設定とキャラクターを着かえたことで、TBSで2006年にドラマ化されました。
豊川悦司さんと伊藤英明さんのW主演で、第52回小学館漫画賞一般向け部門を受賞しました。

井浦秀夫さんの作品の特長は人々のセコさやズル賢さを描くことで笑いを取るところです。
しかし、その裏では人間の良心や良識、そして正義の曖昧さも描かれています。

【原作とドラマの違いは?】

漫画「刑事ゆがみ」は何話もかけて1つの事件を解決していくスタイルです。
それに対して、ドラマ「刑事ゆがみ」は1話完結スタイルになっています。

また、ドラマ「刑事ゆがみ」では「現代社会が抱える問題」や「身近な問題」が取り上げられるようですが、原作にはミステリーっぽい雰囲気もあって、弓神が「謎」を解き明かしていくのが1つの見どころとなっています。

脚本を担当される方も3人いますし、話数によっても色が変わってくるかもしれませんが、それもまた、原作を知らなくても楽しめるドラマの醍醐味とも言えますね。

【刑事のゆがみの簡単なあらすじ】

主観的な正義とあいまいな真実が広がる現代社会。
普段は「てきとう」な刑事の弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)は軽い雰囲気で人から話を引き出していく。
一方の弓神は、相手がコソ泥でも国会議員でも関係なくは事件に潜む「ゆがみ」を見つける。
真実を求める弓神は空気を読まず、違法捜査も日常茶飯事に繰り返す。
そんな弓神の相棒は真面目だが出世意欲の強い新米刑事の羽生。
かみ合わないデコボココンビが現代社会が抱える問題に直面していく物語。

【刑事ゆがみ主要キャスト】

刑事ゆがみのキャストは豪華メンバーが集結しているのも注目の一つです。

・『弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ) – 演 浅野忠信』

@suuuukinamonoがシェアした投稿

普段は適当な性格でゆがんだ性格の刑事。
事件性がないと見られる事件でも犯罪者のゆがんだ心を見抜く。
犯罪を見逃さないためなら違法捜査も躊躇しない。

・『羽生虎夫(はにゅう・とらお) – 演 神木隆之介』

真面目で正義感はあるが出世意欲も強い新米刑事。
相棒で違法捜査だらけの弓神に振り回される。

・『菅野理香(かんの りか) –  演 稲森いずみ』

弓神と羽生と共に働く刑事。
適当すぎる弓神に苦言を呈する

・『氷川和美(ひかわ かずみ) – 演 山本美月』

警察組織に属せず弓神の独自調査を支援する敏腕ハッカー。
弓神の裏の相棒であだ名はヒズミ。

豪華キャストも去ることながら、毎回のゲスト出演者にも注目が集まっている刑事ゆがみ。
第1話には、杉咲花さん、第2話には小倉優子さんの出演が決まっています。

どんな絡みを見せてくれるのか、今から楽しみですね。