【ドラマ コウノドリとは】

漫画家鈴ノ木ユウの漫画が原作で、2015年10月16日から12月18日まで、金曜22時からのTBS系「金曜ドラマ」枠で綾野剛の主演でテレビドラマ化されました。綾野は本作が連続ドラマ単独初主演。
2017年10月13日から、同じ「金曜ドラマ」枠で、続編となる第2シリーズが放送されています。
前作の好評さから、続編も高い注目を浴びており、秋ドラマの視聴率争いも、上位に食い込むのはまず間違いないですね。

スポンサーリンク

【主人公 鴻鳥 サクラとは 】

主人公にはモデルがいます。
「産科医でジャズピアニスト」いう異色の主人公・鴻鳥(こうのとり)サクラのモデルとなったのは、大阪府南部のりんくう総合医療センターで産婦人科部長を務める荻田和秀医師。
原作者である漫画家・鈴ノ木ユウ氏の妻の里帰り出産を担当したのが縁で誕生したキャラクターです。

産婦人科医で、本作の主人公。謎のジャズピアニストベイビーでもある。誕生日は12月8日。
温厚な性格だが、冷静な判断力を併せ持つ。また可能である限り患者の希望を第一に優先する主義。
医師である時の容姿は「もじゃもじゃ」と称されることもある長髪と、睫毛が印象的である。ベイビー時はウィッグを着用し、化粧もしている。
好物はカップ焼きそば(ポヤング・ソースやきそば)。常備する程よく食べているが、急なお産の対応をしているうちに、同僚に食べられてしまうことたびたびがある。
ベイビーの素性として「年齢経歴は不明 わかっているのは児童養護施設で育ったということだけ」とあり、鴻鳥自身も児童養護施設で育っている。事情を知る院長からはベイビーであることが分からないように、と諭されている。
実母は「幸子」という名前でシングルマザーだったが、自身を身籠った際に子宮頸がんを患い、サクラを産んだ後まもなくして亡くなった。幼いころには、喘息の持病があった。

【サクラに関わる主要キャスト】

・『下屋 加江 - 演 松岡茉優』

産婦人科医。シリーズ1では研修医。女医であるが故に産婦人科ではオンコールではない日でも諸事情で呼び出しになる場合がある(妊婦が女医を希望することがあるため)。
28歳で医師としてはまだ若手。同じ若手であるはずの同期の白川(新生児科医)の生意気ともとれる態度に腹を立てている。

・『四宮 春樹 - 演 星野源』

産婦人科医で、サクラの同期。
無表情で冷血漢に見られるが、研修医時代から5年前までは笑顔で患者や同僚に接していた様子。5年前のある出産を契機に患者に好かれるよりも嫌われても患者を救うことに重点を置くようになる。

・『小松 留美子 - 演 吉田羊』

ベテラン助産師。15年前、鴻鳥が研修医時代に当直のアルバイトをしていた「岡中央病院」で出会う。当時から助産師をしていた。鴻鳥がベイビーであることを知る数少ない人物。
15年前から黒髪のお団子頭で、見た目は変わっていないように見えるが四宮から「老けたね」と言われていた。

・『今橋 貴之 – 演 大森南朋』

おりさん(@oriori8823)がシェアした投稿

新生児科の部長で、周産期センター長。サクラが信頼と尊敬を寄せる人物。

【サクラ演じるベイビーのピアノ演奏は生?吹き替え?】

主人公・鴻鳥サクラが謎のジャズピアニスト・BABY(ベイビー)に変装し、ライブハウスでピアノを演奏していますが、演奏曲も気になる所ですよね。

BABYはライブで毎回違った曲を弾くのですが、それらの基本になっているのは「Baby, God Bless You」という曲です。こちらの曲は、このドラマのためだけに作曲された音楽で、これを作曲した人は、清塚信也さんというプロのピアニストです。ドラマ「のだめカンタービレ」や映画「神童」でピアノの吹き替え演奏を担当したことで有名ですので、ご存知の方もいるかと思います。

もちろん、清塚さんは、綾野剛さんがBABY(ベイビー)としてピアノを弾くシーンのピアノ指導も担当しています。
そして何と!!実は清塚信也さん、ドラマ「コウノドリ」には役者としても出演しているんです。役どころは、幼なじみでありライブハウスのマネージャーでもある人物、滝賢太郎。

ライブ中にお客さんの後ろに立ってピアノを弾いているBABY(ベイビー)を見守っている男の人が、清塚信也さん演じる滝賢太郎なんです。ビックリですよね。

「Baby, God Bless You」が収録されているCDも、2015年11月4日に発売されました。タイトルは、「あなたのためのサウンドトラック」。

作曲者・ピアノ指導・俳優として関わっている、清塚信也さんの曲が収録された音楽CDとなっていますよ。
ドラマ「コウノドリ」に使用されている「Baby, God Bless You」の他にも、「Minor Heart」、「Brightness」も収録されています。

こんなすごい方が関わっているので、BABYの演奏シーンも吹き替えかと思ってしまいますが、綾野さんは清塚さんに1年間のピアノ指導を受けており、あのピアノシーンは吹き替え無しで実際に弾いているんですよ。すごいですよね。

また、二人は同い年で友人関係にもあるとか。

元々ストイックな性格と、音楽的なセンスを持ち合わせてる綾野さんだからこそ、成しえた事でもありますけどね。
これを知ると、今後のピアノシーンもしっくりと見入ってしまいそうですね。

キャスト・音楽・出産シーン・赤ちゃん…、全てにおいて手を抜かない演出のコウノドリ。今作の展開も楽しみですね。