陸王に高橋一生さんは出演する??

―池井戸潤さんの作品―

池井戸潤さんが書いた小説はたくさんあります。

『下町ロケット』、『ルーズベルト・ゲーム』、『花咲舞は黙ってない』、『ようこそわが家へ』、『民王』、最近ではたくさんドラマ化されています。

特に池井戸潤さんの作品が有名になったドラマは「やられたらやり返す、倍返しだ!」のセリフで有名な『半沢直樹』ではないでしょうか。

原作は「オレたちのバブル入行組」、「オレたちの花のバブル組」、「ロスジェネの逆襲」、「銀翼のイカロス」です。

この内容が、ドラマの半沢直樹として放送されていました。

半沢直樹の女性が主人公版としては「花咲舞が黙ってない」でも、ドラマの視聴率は高かったと思います。

杏さんが主人公の花咲舞役を務め、銀行の理不尽な仕事内容などに、上司と戦っていくという内容が描かれていました。

今回の『陸王』では、個人工場の老舗足袋をうたう会社が舞台です。

日々、資金繰りに頭を抱える4代目社長宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立ちます。

これまで培ってきた足袋製造の技術を生かして、≪素肌感覚≫を追求したランニングシューズは開発できないだろうか?という新規事業です。

この新規事業を巡って、世界的スポーツブランドとの猛烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足・・・・・など、様々な問題と向かい合って行く内容になっています。

スポンサーリンク

―キャストー

主人公である宮沢紘一を演じるのは、『THE有頂天ホテル』、声優としては『バケモノの子』などなどたくさんの映画に出演している役所広司さんです。

他には、『ようこそわが家へ』に出演されていた寺尾聰さん。

『下町ロケット』に出演していた竹内涼真さん。

宮沢紘一の長男役として山崎賢人さん。

たくさんの有名な方が出演されています。

その中で、高橋一生さんが出演されるのではないか?と事前に噂されていました。

しかし、陸王には高橋一生さんは出演されません。

―高橋一生さんはなぜ出演しない?―

高橋一生さんは甘いシュッとした顔立ちで、カッコイイ俳優さんです。

一躍有名になったのは、今年の『カルテット』のドラマで印象的な役をしていたことから、女性に人気に火が付いたと思われます。

2017年ブレイク俳優ランキングで1位を獲得した高橋一生さん。

今回の秋ドラマには月9の『民衆の敵』、朝ドラ『わろてんか』に出演が決まっています。

しかも、どちらも重要な役で出演する予定なようです。

『陸王』に出演するのはかなり可能性として低いと考えられます。

では、なぜ陸王に高橋一生さんが出演するのでは?という噂がながれたのでしょうか?

それは、以前放送された『民王』の主演を務めていたのが高橋一生さんでした。

そのため、同じ池井戸潤さんの作品である『陸王』にも出演するのではないかと、視聴者の方から期待が高まったためだったと考えられます。

今回、高橋一生さんは出演しないかもしれませんが、池井戸潤さんの『陸王』の放送が楽しみですね。