陸王の内容や撮影場所は??豊橋でのロケ撮影の雰囲気は?

2017年秋ドラマ、日曜劇場は10月15日から『陸王』が始まります。

―陸王はどんな内容??―

『陸王』は、池井戸潤さんの作品で、原作では、個人工場の老舗足袋をうたう会社が舞台です。

日々、資金繰りに頭を抱える4代目社長宮沢紘一は、会社存続のためにある新規事業を思い立ちます。

これまで培ってきた足袋製造の技術を生かして、≪素肌感覚≫を追求したランニングシューズは開発できないだろうか?という新規事業です。

この新規事業を巡って、世界的スポーツブランドとの猛烈な競争、資金難、素材探し、開発力不足・・・・・など、様々な問題と向かい合って行く内容になっています。

池井戸潤さんの作品で、ドラマ化されたものはたくさんあります。

『下町ロケット』、『ルーズベルト・ゲーム』、『花咲舞は黙ってない』、『ようこそわが家へ』、『民王』。

今回の『陸王』と雰囲気が似ているものとしては、『下町ロケット』と『ルーズベルト・ゲーム』があげられるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

―下町ロケットの内容は??―

『下町ロケット』では、元宇宙科学開発機構の研究員だった主人公が、自分が開発したエンジンを載せたロケットの打ち上げ失敗の責任を取らされ、父親が残した下町の工場を継ぐとこから話は始まります。

小型エンジンの製造を主力とする工場で、宇宙への夢を捨てきれずにいる主人公。

自分の夢と会社経営という現実の壁に挟まれる中で、下町工場で開発したエンジン部品が、ロケット発射に使われる部品と同じものであることがわかります。

主人公の工場ですでに特許をとってあるため、ロケットを製造する大手会社は、その権利をめぐってやり取りをしていくのです。

小規模の会社でも、大手と渡り合う技術を持ち、費用との壁を乗り越えるために、従業員と切磋琢磨する様子に感銘を受ける作品です。

―ルーズベルト・ゲームの内容は??―

かつて野球を愛したルーズヴェルト米大統領は「野球で一番面白いゲームスコアは8対7だ!」といいました。

ルーズヴェルト・ゲームとは野球の試合で、終盤4対7から逆転していき、決着がつくゲームであり、8対7で逆転する野球の試合のことを指します。

そんな、ルーズヴェルト米大統領が愛した野球の試合と、企業同士の権利をめぐると、資金を巡った争いを描いた小説が『ルーズヴェルト・ゲーム』です。

この作品でも、不況の波と同業者との激しい競合で存亡の危機に陥る中堅精密機器メーカーが舞台です。

そんな中堅機器メーカー「青島製作所」の社長を務めることになった主人公は、中途採用で入社していました。

創設者に手腕を見込まれ、大抜擢されますが、周囲からの風当たりを受けながら、青島製作所の存亡をかけた試練に立ち向かいます。

会社とはまた別の背景では、青島製作所が持つ野球チームも出てきます。

野球チームは、会社の名前を売るために存在していますが、試合に勝てなくなり、エースを他社の強豪するチームに引き抜かれ、存続の危機におちいっています。

そんなチームを立て直すためにやってきたコーチの存在で、野球チームが立て直しルーズベルトゲームを行えるような戦略を立てていきます。

そんな野球チームを見て、主人公も対策を考えながら、企業を立て直すという、スポーツと企業の二面性を楽しむことができる内容になっていました。

―陸王のロケ地は??―

企業が危機に陥っているときに、どのようにして立て直していくか。

そんな内容が、『下町ロケット』や『ルーズベルト・ゲーム』で描かれています。

『陸王』でも、同じように資金作りのために社長が切磋琢磨するという点で似ているように私は思います。

そんな陸王のロケ地に、愛知県の豊橋市中心街で9月22日から3日間にわたり、道路を使ったマラソンシーンなど、ドラマ最大の見せ場を撮影されました。

延べ1万人以上のエキストラが参加し、ほの国東三河ロケ応援団の方や市民の方々、市職員の方々がバックアップして行われていたそうです。

豊橋ロケは、豊橋市を舞台にした国際大会が設定されたマラソンシーンを撮影するため、沿道の観客役などに3000人以上のボランティアエキストラが必要でした。

人気上昇中の竹内涼真さんが、ダイワ食品の新人陸上部員として茂木裕人を演じていることもあり、エキストラに参加希望する人が予想以上にあったようです。

中心街は大勢のエキストラや見物客らが訪れたことで、ホテル、飲食店もにぎわったようです。

24日のエキストラの受付は、朝5時30分から先着500人だけ豊橋公会堂で受付していました。

撮影は朝5時30分から午後5時までで、市役所や豊橋公園などの4カ所で行われました。

そんなたくさんの人たちが集まったロケで、主演者の山崎賢人さんや、竹内涼真さんらも撮影協力に感謝を示し、ボランティアの方々をねぎらっていました。

エキストラをたくさん集め、放送前から人気がある陸王。

10月15日日曜日の21時からスタートです。

毎週はらはらさせられること間違いなし!!