今回7月から始まる新ドラマ、「コードブルー・ドクターヘリ緊急救命-3rd season」に新キャストとして出演することになった“成田凌”さん。

実は、2016年大ブームとなった映画「君の名は」に声優をして出演していたのです。

「君の名は」で声優を務めた役柄についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

「君の名は」では何役を演じていたのか?

「君の名は」は、2016年8月に公開された新海誠監督の映画で、公開後13週の間に12回も週末動員数1位を獲得し、日本アカデミーシ賞の優秀アニメーション作品賞を受賞した話題の作品です。

”聖地巡礼“という映画の舞台となった土地を巡り、地方の活性にかにもつながった映画でもありますよね。

そんな映画に声優として成田凌さんも出演しているのです。

その役は主人公三葉の同級生”勅使河原克彦“です。

三葉をはじめ親しい友人たちから”テッシー“の愛称で呼ばれています。

オカルトが好きな機械オタクという少し変わった趣味を持つキャラクターです。

また、父が建設会社を営んでおり、休日の時はその仕事の手伝いをしています。

そんな”テッシー“こと、勅使河原克彦はひそかに主人公の三葉に好意を抱くも、親友の名取早耶香から好意を寄せられて三角関係になってしまいます。

また、三葉と入れ替わっている立花瀧とは、行動理念が似ている為か、本人と会うのは1度しかないにもかかわらず、馬が合う場面も演じています。

 

実はこんな役にも出演してました

声優として映画出演は、「君の名は」が初めてではなかったのです。

2016年に公開されたアニメ「ONE PEACE FILM GOLD」に出演していたのです。

この映画が成田凌さんの声優デビュー作になりました。

役柄は“カメ車レース”に登場するカーブというキャラクターを演じています。

声優以外では、「飛べないコトリとメリーゴーランド」で島崎江波役、「キセキ-あの日のソビト-」では92役として出演しています。

「キセキ」ではGReeeeNの前身グループ“グリーンボーイズ”としてCDデビューも果たしています。様々な分野で活躍を見せている成田凌さんです。

 

まとめ

ドラマだけでなく、映画やアニメの声優、CDデビューなど様々な分野で活躍を見せる成田凌さん。

「君の名は」では主人公に想いを寄せ、友達のことを想い、常にまっすぐで行動力のある高校生を演じました。

7月からスタートする「コードブルー」では初めて医療ドラマにチャレンジします。

今まで見たことのない成田凌さんの一面を見ることが出来ませんね。

これから最も注目をされる俳優の1人になりそうです。