『コードブルー ドクターヘリの看護師に資格は必要?年収は?』

#コードブルー #山下智久 #新垣結衣 #戸田恵梨香 #比嘉愛未 #浅利陽介 #codeblue #thethirdseason #月9 #コードブルー3

コードブルードクターヘリ緊急救命 fanpageさん(@unofficial_codeblue)がシェアした投稿 –

スポンサーリンク

 

ドクターヘリに乗る看護師とは?

ドクターヘリには、医師の他に、看護師の同乗が義務付けられています。

ドクターヘリに乗る看護師の事を『フライトナース』と言います。

 

フライトナースになる為に必要な資格とは?

フライトナースを目指す現役ナース、看護学生が増えてきてるのは事実ですが、看護師の資格があれば誰でもなれるというわけではありません。

フライトナースになるには諸条件がいくつかあり、それらをクリアしても看護部長などの推薦がなければフライトナースへの就任は難しいのが現状のようです。

ドクターヘリが運航される三次救命救急センターは大学病院、または地域の中核病院であることが一般的ですので、まずはこれらの施設に入職する事が絶対に必要になります。

そして、そこの救命救急センターに配属となる事も合わせて必要な条件になります。

とは言え、配属になったからと言って、すぐにドクターヘリに乗れるわけではありませんよ。

知識に少ない看護師が乗っても、実際の現場では足手まといになるだけです。

まずは、救急救命センターで看護師としても経験を積み、スキルアップを目指しましょう。

どんな処置でも介助でき、救急看護は一通り経験しているというベテラン看護師でないと、ドクターヘリに乗れる看護師として認められないくらい狭き門なのです。

 

フライトナースの基準は病院によっても多少差はあります。

一般的には「看護師経験5年以上、救急看護師経験3年以上または同等の能力があること」・「ACLSプロバイダーおよびJPTECプロバイダーもしくは同等の知識・技術を有する事」・「日本航空医療学会が主催するドクターヘリ講習会を受講している事」と言われています。

という事は、新卒で救急センターに配属になった場合は最低5年間、中途採用で前職で2年以上の看護師経験がある人は最低3年間は救命救急センターで働かなくてなりません。

また、知識や技術を習得する以外に、フライトナースを志望していることをアピールする事も重要です。

 

その病院独自のフライトナースの選考基準を満たした上で、救命救急センターの師長の推薦を受け、病院に承認してもらわないといけない為、師長や周囲にアピールする必要があるんです。

人気が上がっているとはいえ、その分、生半可な気持ちでは全うできない仕事ですからね。

しっかりと経験を積み、病院とは違い限られた物品や器具を用いて、少ない情報の中で救命処置を行わなくてはいけないので、質の高い救急看護のスキルが求められるんですね。

スポンサーリンク

 

フライトナースの年収は?

#コードブルー #比嘉愛未 #codeblue #thethirdseason #月9

コードブルードクターヘリ緊急救命 fanpageさん(@unofficial_codeblue)がシェアした投稿 –

フライトナースになる人は、高い志を持っている人が多いとは思いますが、働くとなると、給与や待遇も気になる所ですよね。

一般的に看護師の給料は高いと言われていますよね。

では、フライトナースの年収はどのくらいなのでしょうか?

 

限られた人員しかなれない職業ですので、明確なデータが多く存在する訳ではありませんので、あくまでも目安としての数字になります。

平均的な相場は、月給でみると25~30万円で、年収にすると400~500万円といった金額になるようです。

この金額は、通常勤務の看護師と際立って多い金額という事では無いですよね。

また、病院によっては、ドクターヘリにどのくらい乗ったかによって収入が違ってくる可能性もあります。

何故かというと、危険搭乗手当とか特殊勤務手当がドクターヘリに乗るたびに支給されるケースもあるからです。

 

それと、救急看護認定看護師を持っている場合、資格手当がついてくる可能性もありますよ。

ただしこの手当ですが、医療機関によってまちまちで、それほど大幅な給料アップ効果は期待できない為、月基本給に1万円アップするくらいのものと思って下さい。

とは言え、主任や師長などの役職に昇進すれば、給料も年収もアップしますし、経験なども考慮されますので、勤続年数が長くなればなるほど給料がアップする傾向も見受けられるようです。

 

関連記事

コードブルー1、コードブルー2を無料で見直す方法!

コードブルー3の放送を見逃してしまったときの対処法