コードブルー3主演の山ピーは英語がペラペラ?なぜ?

グループを抜けてから、歌にお芝居に幅広く活躍を見せている山ピーこと山下智久さん。

実は英語をぺらぺらに話せることをご存知ですか?

ドラマ「5→9~私に恋したお坊さん~」を見ていた視聴者を驚かせるくらいのレベルだったのです。

どのようにして流ちょうな英語を身につけることが出来たのか、詳しくお話していこうと思います。

スポンサーリンク

視聴者もびっくり⁉山ピーの英語力

non.さん(@yamp_love)がシェアした投稿

2015年秋に放送されていた「5←9~私に恋したお坊さん~」で山ピーは東大卒イケメンお坊さんという少し変わった役を演じていました。

英語講師役で出演していた石原さとみさんと流ちょうな英語のやり取りを披露しています。

石原さんは海外留学を経験しているため、英語も上手でしたね。

そんな石原さんにも引けを取らないほどの英語だったので、多くの視聴者は驚いたかと思います。

山ピーファンの間では英語が堪能であるということはおなじみだったそうです。

その理由は、以前から「大人のKISS英語(2014年4月~2015年3月)」や「山Pのkiss英語(2015年7月~12月)」を担当指定からなのです。

しかし番組を担当しただけで周りを驚かすほどの英語力を身につけることが出来るのでしょうか?

どのようにしてここまでの英語力を身に着けることが出来たのか、次でお話ししようと思います。

 

英語が苦手で追試も受けていた?

中学生の頃にジャニーズ事務所に入所していたため、学校にもあまり行けていませんでした。

高校に入学するも成績はあまりよくなく、試験でも赤点を取っていたそうです。

追試験を受けなければ進級できないくらい危機的状況を救ったのが、親友の城田優さんでした。

城田さんはスペイン人の母を持つハーフなのはみなさんご存知かと思います。

そんな彼に英語を教えてもらい、追試験を見事に合格したそうです。

このことからもともと英語が得意でペラペラに話せたわけではなさそうですね。

そんな彼が英語の勉強を本格的に始めたのはグループを脱退した2011年からだそうです。

ではどのようにしてここまで流ちょうに話せるくらいに上達したのでしょうか?

 

山ピー流の英語勉強方法とは

山ピーの英語の勉強を続けるのに大きくかかわったといわれているのが、赤西仁さんの存在です。

彼自身もアメリカへ留学し語学勉強をしていました。

そんな彼の行動に刺激を受け、英語力を高めたいと勉強に励んだそうです。

山ピーが特に積極的に行った勉強方法は外国の方とコミュニケーションをとるという行動でした。

この行動で徐々に実践的な英語力が身についていったそうです。

その結果番組内の企画でアンジェリーナ・ジョリーさんと通訳なしでコミュニケーションを取っており、多くのファンを驚かせたそうです。

地道な努力の積み重ねにより、日常会話ならほぼ完ぺきにマスターすることが出来たそうです。

 

まとめ

いかかでしたか?ドラマで見せた流ちょうな英会話の裏には、地道な努力の積み重ねがあったんですね。

周りの親友たちの刺激も大きく英語を勉強したいという気持ちが大きくなったとも思えますね。

英語も流暢に話せる意外な一面を知ることが出来ましたね。