コードブルー3主演、山ピーは演技がうまい?

2008年の放送開始以来、常に好評だった「コードブルー」シリーズ。

 

今回7年ぶりに放送が決定し注目を集めています。シーズン1・シーズン2に続き、主演を務めることとなった山下智久さん。

そんな彼の演技力はどうなのか?今まで出演してきたドラマをもとに、詳しく調べていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

今まで出演してきたドラマはどんな作品か

ジャニーズ事務所に入所したのが1996年で、2年後の1998年ごろからドラマに出演し始めています。

2000年には「池袋ウエストゲートパーク」にシュン役として出演し、強烈なインパクトを残しました。

 

その後も「漂流教室」「ランチの女王」など話題の作品に立て続けに出演してきました。

2005年には「野ブタ。をプロデュース」で主演を務め、”修二と彰“として主題歌をリリース大きな話題となったドラマですね。

翌年には「クロサギ」で主演を務め、ドラマ主題歌でソロデビューも果たします。

その後も止まることなく「ブザー・ビート」「アルジャーノンに花束を」「5→9」などたくさんのドラマに出演してきています。

ついこの間最終回を迎え終了した「ボク、運命の人です。」で2005年ぶりに亀梨さんとの共演で、ファンにとってうれしいドラマになりましたね。

 

今までに出演してきたドラマの数は数えきれないほどありますね。

そんなたくさんのドラマに出演してきた山下さん。

ドラマでの演技力はどうなのでしょうか?まとめていきたいと思います。

 

演技はうまい?“ボク運”での演技評価。

ミィさん(@yamapaka49)がシェアした投稿

最終回を迎えた”ボク運“では自称神の役を演じていた山下さん。

少し癖のある役どころですね。ネット上でも少し変わった役柄ともあって、2つの感想が目立ちます。

一つは山ピーにしかできない。

もう一つが棒演技で、いまいち。

という感想です。

 

ただ、いまいちと反応している方も、山下さんへの期待を込めての意見が多いように感じます。

また、「神」という変わった役柄で、実際に目で見ることのできない人物なので、ドラマの雰囲気に合わせて役を演じているので、評価が高いように感じます。

高評価をしている方の意見の中にこういう意見がありました。

確かに、山下さんの演技は感情表現の少ない役柄の時に、その役が定着しているように感じます。

 

まとめ

KANONさん(@kanomarupu)がシェアした投稿

山下さんの演技に対しては厳しい意見もありますが、癖のある役にも柔軟に対応する山下さんの演技に高評価の方もいました。

“ボク運”に関しては、「神」という難しい役をコミカルに演じ切ることが出来たのは、山下さんだからできたことではないのかなと感じます。

 

これからスタートする「コードブルー」は”ボク運“の役とは180度違う役柄になるので、どんな演技を見せてくれるのか今から楽しみですね。